ホラン千秋が「COUNTDOWN JAPAN 14/15」で現地より生放送を担当。「音楽でつながって一緒に年末の4日間を駆け抜けましょう!」

PR TIMES / 2014年12月28日 16時16分

「現地より生放送!COUNTDOWN JAPAN 14/15」 12月28日(日)~30日(火)午後4:00、31日(水)午後5:00[WOWOWライブ]



――昨年に続き、「COUNTDOWN JAPAN 14/15」のメインMCとして現地より生放送をすることになりましたが、前回はいかがでしたか?
●ホラン千秋
前回はMCの鈴木亮平さんと一緒に各ステージをめぐり、思いっきりライブの空気を楽しみました。大勢の出演アーティストがWOWOWの特設スタジオに遊びに来て、普段なら聞けない話もしてくださったんです。年越しカウントダウンの瞬間は、MAN WITH A MISSION (「database feat.TAKUMA(10-FEET)」)で、彼らのパフォーマンスを初めて生で見て興奮しました。やっぱりカウントダウンの瞬間って、アーティストも演奏に力が入ってすごくパワフル! 観客もそれに応えて、本当にみんながひとつになりますね。

――今回は会場をさらに拡大し、千葉・幕張メッセ全体を使ってのフェスとなります。注目すべきポイントを教えて下さい。
●ホラン千秋
会場が広くなった分、さらに見どころも増えましたね。今回、一番広いEARTH STAGEで年越しのカウントダウンをするのはKREVAさん。これは間違いなく盛り上がるでしょう。KREVAさんは真のエンターテナーで、音楽だけじゃなくトークも最高。本当に何をやってもポジティブで、そこにいる人みんなにハッピーな時間を届けようとしてくれます。そして、29日に出演するback numberも2014年を代表するバンドだと思います。歌詞がかわいらしくて、「繋いだ手から」なんて最高ですね。3人の息の合ったトークは抜群に面白いので、ステージでのMCも楽しみです。でもやっぱり一番楽しみなのは女性アーティストのパワーですね。女性が輝いてエネルギッシュだった一年。しめくくりも華やかに。

――前回に続き、4日間の生放送となりますが、体力的には大丈夫ですか?
●ホラン千秋
前回も4日間MCをやったので、今回も大丈夫だと思います。前回は緊張して、本番中は疲れを感じる暇もなかったんです。スタジオに有名なゲストの人がいらっしゃると、緊張するけど、やっぱり楽しくもあるじゃないですか。いちどきにこれだけ多くの日本の音楽に触れられる機会もそうないですし、4日間があっというまなんですよ。さすがに番組が終わった翌日は抜け殻みたいになっちゃいましたが(笑)。ただ、去年まではスポーツジムに通って体力づくりをしていたけれど、今年はありがたいことにお休みが取れないぐらい忙しくてジムにも通えず…。体力の衰えがちょっとだけ心配ですが、大丈夫です!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング