「みんなで再エネ」プロジェクトスタート! ~お客さまと一緒にCО2を削減しサステナブルな社会へ~

PR TIMES / 2020年9月1日 18時15分

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)とみんな電力株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:大石 英司)は、お客さまに再エネ電力をご利用いただくことで、CO2を削減する「みんなで再エネ」プロジェクトをスタートいたします。丸井グループが発行するクレジットカード「エポスカード」の会員に対し、再エネ電力の利用をかんたんに申し込めるサービスを開始するとともに、「みんな電力 エポスカード」の発行をスタート。お客さまと一緒にCО2削減に取り組み、サステナブルな社会をつくることをめざします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3860/2489/resize/d3860-2489-683348-3.png ]


■ 再エネ電力でお客さまと一緒に環境課題の解決をめざす

[画像2: https://prtimes.jp/i/3860/2489/resize/d3860-2489-174063-1.png ]

2019年に、エポスカードのお客さまを対象に実施したアンケートにおいて、全体の約6割のお客さまから「再生可能エネルギーの利用意向」があるとの回答をいただきました。しかし一方で、電力会社の変更に対するハードルは高く、切り替えたお客さまは全体の25%程度にとどまっています。その理由として、「面倒くさい」「手続きが難しい」という回答を多数いただいています。
「みんなで再エネ」プロジェクトでは、こうしたお客さまのニーズにお応えし、簡単に再エネ電力の利用を申し込めるサービスをスタート。エポスカード会員向けの再エネ電力100%プラン「エポスプラン」をご用意し、Webサイトやアプリ、Eメールで訴求するほか、マルイ店舗でもおすすめしてまいります。また、家賃保証サービスのご利用を開始されるお客さまには、入居時の諸契約とあわせて再エネ電力をご案内いたします。さらに、「みんな電力 エポスカード」の発行などさまざまな形で環境課題解決に向けた取り組みを進め、2024年度までにお客さまと一緒に年間100万トンのCO2削減をめざします。

■ 再エネ化サポート(1) 「みんな電力」へのかんたん申し込み
エポスカードのポータルサイト「エポスNet」内の特設ページの入力画面から、お客さまが電気の検針票の写真を撮影するだけで申し込めるサービスを、9月中旬からスタートします。エポスカードとみんな電力で、契約に必要なお客さまの基本情報をデータ連携することで、契約手続きをスムーズに行うことができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3860/2489/resize/d3860-2489-667173-4.png ]


・エポスカード会員向け電力購入プラン「エポスプラン」
≪特長1. 再生可能エネルギー100%≫
太陽光・風力・水力による再エネ電力に加え、FIT電気※分として環境価値を持つ非化石証書などを組み合わせることで、実質的に再生可能エネルギー100%の電力を提供(CO2排出量も0となります)します。
※太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの再生可能エネルギー電源を用いて発電され、固定価格買取制度(FIT)によって電気事業者に買い取られた電気
≪特長2. CO2削減量を見える化≫
みんな電力のWebサイト内の特設ページで、エポスプランにご加入いただいた方全員分の減量を、わかりやすく表現します。
≪特長3. 加入特典で実感≫

[画像4: https://prtimes.jp/i/3860/2489/resize/d3860-2489-592754-5.png ]



再エネ電力を利用する事業者や再エネの発電所などから、さまざまな特典が提供されるほか、電気料金の0.5%が日本国内の森林保全や育成を行う「みらいの森プロジェクト」に寄付され、植林活動の進捗がみんな電力のWebサイトで確認できるなど、環境課題解決とのつながりを実感していただけます。

■再エネ化サポート(2) 「みんな電力 エポスカード」

[画像5: https://prtimes.jp/i/3860/2489/resize/d3860-2489-742136-6.jpg ]

2020年10月より、「みんな電力 エポスカード」の発行を開始いたします。
みんなで社会課題の解決に取り組む「みんなエール」をコンセプトとしたビジュアルを券面デザインに起用し、再エネのアイコンとして、環境に配慮するお客さまに、広くご利用いただけるカードです。ご入会時には、1枚につき1,000円が、再エネ発電所に寄付されます。
さらに、2021年4月からは、廃棄プラスチックなどを使用した環境配慮素材に切り替え、よりサステナブルなカードとして進化します。クレジットカードとしては、日本初の取り組みとなります。

・みんな電力 エポスカードの概要
[表: https://prtimes.jp/data/corp/3860/table/2489_1.jpg ]



■丸井グループの再生可能エネルギーに対する取り組み
丸井グループでは、ビジネスと環境への配慮、社会的課題の解決、ガバナンスへの取り組みが一体となった未来志向の「共創サステナビリティ経営」を進めています。
≪再生可能エネルギーの導入≫
[画像6: https://prtimes.jp/i/3860/2489/resize/d3860-2489-277426-7.jpg ]

丸井グループが自社で排出するCO2の約8割は、電力使用によるものです。そこで、使用電力を再生可能エネルギー100%に切り替えることを目標に掲げ、国際的イニシアチブ「RE100」に加盟しています。また、再エネ調達の取り組みや、グループ企業内での電力小売事業者の認可の取得による電力調達の多様化などを推進しています。
※当社のめざす「共創サステナビリティ経営」「丸井グループ ビジョン2050」についてはこちら
「共創経営レポート 2019(日本語版)」→ https://www.0101maruigroup.co.jp/ir/lib/i-report.html
「VISION BOOK 2050(日本語版)」→ https://www.0101maruigroup.co.jp/sustainability/lib/s-report.html

今後も、「みんなで再エネ」プロジェクトの活動を通して、再生可能エネルギーへの取り組みをさらに進め、サステナブルな社会に貢献したい想いを持つお客さまと一緒に、低炭素社会や循環型社会の実現をめざしてまいります。

▼丸井グループ
https://www.0101maruigroup.co.jp/

▼みんな電力
https://minden.co.jp/


※共同リリースのため、重複して配信される可能性がございますが、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング