LACP主催のレポートコンペティション「2019 Vision Awards」にて初のゴールド賞を受賞

PR TIMES / 2020年9月17日 18時45分

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、このたび、米国の2大レポートコンペティションの1つ「2019 Vision Awards」において、「共創経営 レポート2019(英語版)」が、初のゴールド賞を受賞し、日本の統合報告書として最高の評価をいただきました。



■ LACP「2019 Vision Awards」とは
企業・NPO・教育団体・政府機関など、あらゆる団体のコミュニケーション活動の実践 向上を目的に設立されたアメリカの団体「LACP(League of American Communications Professionals)」が主催する、世界最大規模のコーポレートコミュニケーション・ツールに 関する総合コンペティションです。世界20カ国以上から約1,000の企業、団体がエントリーしており、レポートのメッセージ性、明瞭さ、クリエイティビティなどを基準に評価が行われます。

■ 今回の評価について

8項目の評価のうち、表紙の魅力を評価する「レポートカバー」や「ステークホルダーへのメッセージ性」「レポートの物語性」など5項目では昨年に引き続き、「クリエイティビティ」では今回初めて満点の評価をいただき、100点満点中98点を獲得しました。
受賞内容は以下となります。
・GOLD WINNER WORLDWIDE ・TOP REPORT JAPAN
[画像1: https://prtimes.jp/i/3860/2499/resize/d3860-2499-233717-3.png ]

※結果について詳細は、こちらをご覧ください
https://www.lacp.com/2019vision/awards-annual-report-competition-marui-group-coltd-integrated-report-21179.htm



<共創経営レポート 2019>

[画像2: https://prtimes.jp/i/3860/2499/resize/d3860-2499-669133-2.jpg ]

丸井グループでは2015年より統合報告書の発行をスタートしています。5年目となる2019年のレポートでは、「この指とーまれ! 」というメッセージを掲げました。
当社は“すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会を共に創る”というミッションを掲げており、その実現に向けて“ビジネスを通じてあらゆる二項対立を乗り越える世界を創る”という長期ビジョン( VISION 2050 )を策定しました。ミッションの実現に向けては、私たちのミッションにご賛同いただけるステークホルダーの皆さまとの共創を通じて、世の中の社会課題を一つひとつ解決していく必要があると考えています。


今回のテーマである「この指とーまれ!」には、私たちがめざす未来の姿を共に創り上げていきましょう!という強い想いが込められています 。
※「共創経営レポート2019」
・日本語版: https://www.0101maruigroup.co.jp/ir/lib/i-report.html
・英語版: https://www.0101maruigroup.co.jp/en/ir/lib/i-report.html



当社グループはこれからも、ステークホルダーの皆さまとの実りある対話を促進するツールとして、「共創経営レポート」を発行し、経営理念とめざすべき指針を発信してまいります。


■ 丸井グループの概要
商号     : 株式会社 丸井グループ
本社所在地  : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   : 03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
URL    :  https://www.0101maruigroup.co.jp
代表取締役社長: 青井 浩
主な関連会社 : (株)丸井、(株)エポスカード、(株)エイムクリエイツ ほか

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング