2/11から、複数専門店の商品を一括で注文・お支払い・受け取れる持ち帰り専用「モバイルオーダー」実証実験開始

PR TIMES / 2021年2月11日 10時45分



イオンリテールは2月11日から約3カ月間、「イオンモール東久留米」(東京都東久留米市)内のレストラン・フードコート・食物販専門店※1)を対象に、アプリから複数の専門店の商品を一括で注文・ お支払い・受け取りができる「モバイルオーダー テイクアウトサービス」の実証実験を開始します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7505/2508/resize/d7505-2508-169959-0.jpg ]


注文した商品は最短30分で、車に乗ったまま受け取れる「ドライブピックアップ!」※2)と店内の「テイクアウト受取カウンター」にて受け取ることができます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/7505/2508/resize/d7505-2508-783332-6.jpg ]


感染症拡大により、店内での飲食機会が減る一方、テイクアウトやデリバリーを利用する方が増えています。

こうしたなか当社は、モバイルオーダーシステム「Putmenu(R)(プットメニュー)」と「イオンネットスーパー」のサービス設備を活用した新たなプラットフォームを提供することで、販売チャネル拡大による飲食専門店の支援と、複数の専門店の商品が一括で購入できるショッピングセンターならではの便利で楽しいお買物体験を提案します。


【「モバイルオーダー テイクアウトサービス」の特長】


最短30分!できたてのメニューを受け取り。“おうちでフードコート気分”も味わえる

「Putmenu(R)(プットメニュー)」を開いて注文・お支払いをするだけで、できたての料理が最短30分で受け取ることができます。
和洋中のメニューや総菜、ファーストフード、デザートなど、テイクアウトでもフードコートのように家族それぞれが好きなお店の食事をお楽しみいただけます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/7505/2508/resize/d7505-2508-939494-1.jpg ]



複数の専門店の商品をまとめて一括で注文・お支払い・受け取りが完了!

従来の1店舗ごとに注文・お支払い、受け取るスタイルではなく、複数の専門店の商品を、まとめて一括で注文・お支払いができ、専任のポーターが各店から商品をピックアップして、受渡し場所まで運びます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/7505/2508/resize/d7505-2508-733775-3.jpg ]



デジタルを通じて、専門店の新たな顧客接点をサポート

来店だけでない、お客さまとの新たなタッチポイント作りにより、専門店の営業をサポートします。


実証実験を踏まえ今後、首都圏のショッピングセンターを中心に展開し、2022年2月までに順次、その他のエリアへの拡大をめざします。


※1:一部対象外店舗がございます。
※2:「ドライブピックアップ!」は「イオンネットスーパー」で注文した商品を車に乗ったまま受け取れるサー   ビスです。現在、レストラン・フードコード・食物販専門店のテイクアウト商品を受け取れるのは「イオン   モール東久留米」のみです。

【実証実験概要】
期間:2021年2月11日(木・祝)~4月29日(木・祝)の約3カ月間
対象店舗:「イオンモール東久留米」 レストラン・フードコード・食物販専門店のうち15店舗
     ※店舗により実験開始期間が異なる場合がございます。順次、対象店舗は拡大予定です。
注文時間:10時30分~19時00分
受取り時間:11時00分~19時30分の間で毎時30分、00分での受渡し
受取り場所:「ドライブピックアップ!」、店内の「テイクアウト受取カウンター」
支払い方法:クレジットカード払い

<対象専門店 一覧>
・炎や・極からあげ鳥匠※3
・宇都宮 黄金の華
・おひつごはん 四六時中
・ガネーシャ キッチン
・ケンタッキーフライドチキン
・さち福やカフェ
・サーティワンアイスクリーム※3
・讃州釜揚げうどん 丸亀製麺
・ちゃんぽん亭 総本家
・中華そば 青葉
・築地 銀だこ
・デザートスパーク
・とんかつ新宿さぼてん
・梅蘭
・焼き鳥 日本一
※3:実証実験開始は3月ごろを予定しています。


【利用方法・アプリ操作】

[画像5: https://prtimes.jp/i/7505/2508/resize/d7505-2508-347168-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/7505/2508/resize/d7505-2508-250255-5.jpg ]



▼ニュースリリースはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d7505-20210210-8609.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング