【LINEリサーチ】全体の約5割が「NiziU」を知っていると回答、特に女性の10代・20代は約8割を占め人気が高い傾向 メンバー人気の全体1位は「MIIHI」、性別や年代によって推しメンバーに違いも

PR TIMES / 2020年9月11日 19時45分

LINEリサーチ、全国10代から50代に「NiziU」の認知や人気メンバーに関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約529万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。

このたびLINEリサーチでは、日本全国の高校1年生~3年生の男女を対象に、ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」の知名度に関して調査いたしましたので、その結果をお知らせします。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます: http://research-platform.line.me/archives/35982517.html



■NiziU(ニジュー)を知っている人は全体の約半数 特に女性の認知度が高い

[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/2529/resize/d1594-2529-666010-0.png ]

NiziU(ニジュー)を知っているかについては、全体で約5割の人が「知っている」ことがわかりました。
男女別に見ると、興味有無に関係なく「知っている」と回答した割合は男性は5割を下回り、一方女性は多くの年代で7割前後という結果でした。女性のほうがNiziUを知っている人が多いようです。さらに、「知っていて興味がある」割合も男性が1割台なのに対して、女性は約2~3割前後と、女性での興味関心の高さがうかがえます。
年代別では、男性はどの年代でも割合はほぼ変わらず、約4割~5割の認知率でした。一方、女性は10代~20代が8割近くの認知率という結果になりました。この年代は「知っていて興味がある」割合も3割を超えています。NiziUは10代・20代女性からの人気が特に高いようです。

■推しメンバーランキング ベスト3

[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/2529/resize/d1594-2529-966412-1.png ]

イチ推しのメンバーについては、全体で1位となったのは「MIIHI(ミイヒ)」で、女性では10代~30代、男性では20代~40代で1位となっています。
続いて全体の2位はリーダーの「MAKO(マコ)」で、女性の40代・50代では1位でした。
全体の3位は「RIMA(リマ)」で、特に女性の10代~30代の割合が多いという結果になりました。
そのほか、「RIKU(リク)」は、男性10代・20代から人気が高い傾向があり、「AYAKA(アヤカ)」は、男性40代以上や女性40代に人気で、男性50代では1位でした。
また、男性で上位にランクインしている「RIKU」や「RIO(リオ)」は女性ではTOP3からはランク外になるなど、男女で応援したいメンバーに差があることがわかりました。

さらに、グループ内の特定のメンバーではなくグループ全体を応援する「箱推し」については、全体的に女性のほうが箱推しの支持が高い傾向が見られました。特に女性の40代・50代が最も「箱推し」の割合が高く、グループ自体が好きで応援しているという人が多いようです。男性では、20代が最も箱推し率が高いという結果になりました。


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年8月26日~28日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約529万人のアクティブモニターのうち10~29歳が52%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2020年7月時点

「LINE リサーチ」公式サイト: https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング