【LINE RECORDS】松本穂香が歌う、名曲「守ってあげたい(松任谷由実)」を本日公開!「とにかく一生懸命歌いました。」

PR TIMES / 2020年10月13日 11時15分

豪華ミュージシャンが参加した特別VerはLINE MUSICで独占配信、非公開映像もプレゼント!サブスク時代の今に歌い継ぐ新プロジェクト『Old To The New』第一弾企画

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する音楽レーベル「LINE RECORDS」 https://linerecords.me/ において、レコード・カセット・CDで発表された名曲をカバー・アレンジし現代に歌い継ぐ新プロジェクト『Old To The New』を始動、第一弾アーティストとして女優・松本穂香さんが歌う「守ってあげたい(原曲:松任谷由実)」を本日リリースいたしましたので、お知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-793370-0.png ]

『Old To The New』は、音楽サブスクリプションサービスの登場で、無限に広がる音楽ライブラリにアクセスできるようになった今だからこそ、レコードやカセット、CDで発表された無数の名曲たちを、新鮮さをもって蘇らせるプロジェクト。

その第一弾として登場するのは、主演映画「みをつくし料理帖」の公開を控え、話題のCMやドラマ、映画、ラジオと活躍の場を広げているいま最も旬な女優・松本穂香さんです。


23歳の松本穂香さんが歌う楽曲は、1981年にリリースされた松任谷由実さんの名曲「守ってあげたい」。
あの頃の懐かしさはそのまま、松本穂香さんの芯のある歌声と豪華バンドメンバーによるアレンジにより「今」に昇華させた温故知新に溢れる2020年版の「守ってあげたい」が生まれました。


本楽曲はLINE MUSICで視聴できるほか、松本穂香さんの歌の力をそのまま感じていただけるボーカルオンリーの歌唱サイド「side A」、錚々たるミュージシャンが終結し、ギター、ベース、ドラム、キーボードといったサウンドオンリーのインストサイド「side B」をLINE RECORDS公式YouTubeチャンネルで公開します。



◆楽曲URL: https://lin.ee/h9Eq9MJ/lnms
◆歌唱動画URL: https://youtu.be/0mMkd2_KF6Q
◆メイキング映像URL: https://youtu.be/d3INVbJR9B4


さらに、LINE MUSICでは、本楽曲をオフライン保存した方だけに、「side A」と「side B」を同時に楽しめる限定動画「幻のC面(side C動画)」を限定プレゼントいたします。



松本穂香さんコメント

初めての経験だったので最初はドキドキしたのですが、上手い下手は関係なく、とにかく一生懸命歌いました。

今は会いたくても会えない人がいる状況なので、2番の「会えないときにも あなたのこと 胸に抱いて 歩いている」は、特に気持ちが入りました。

どうしようもできないこと、やるせないことがたくさんあると思いますが「そんなに頑張らなくても大丈夫だよ」というメッセ―ジを込めて歌っています。本当に素敵な曲なので、ぜひ聴いてください。



楽曲情報


[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-658246-1.jpg ]

松本穂香「守ってあげたい - from Old To The New」
URL: https://lin.ee/h9Eq9MJ/lnms
配信日:2020年10月13日配信(LINE RECORDS)
LINE MUSICで独占配信
(C)1981 by KIRARA MUSIC PUBLISHER&KADOKAWA MEDIA HOUSE INC.


side A
松本穂香 - 守ってあげたい(side A)from Old To The New
YouTube URL: https://youtu.be/0mMkd2_KF6Q
[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=0mMkd2_KF6Q ]



「時代を超える歌の力」にフォーカスを当てた「side A」は、歌い手と歌の魅力を最大限に引き出しストレートに伝えるためアコースティックギターなどのシンプルな構成。
幅広い役柄を演じることで築いた「表現力」、現在の事務所には自ら自己PRを送り女優への扉を開いていったエピソードを持つ松本穂香さんの「芯の強さ」を感じる特別な歌声をお聴きいただけます。


side B
松本穂香 - 守ってあげたい(side B)from Old To The New
YouTube URL: https://youtu.be/FeAE7tKMc80
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=FeAE7tKMc80 ]



「世代を超える音楽の力」にフォーカスを当てた「side B」は、楽曲のアレンジによって全くの別の彩りが加わった、音楽の奥深さを伝えるバンド編成のアレンジバージョン。


THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのベーシストとして活動され、現在は the HIATUS、Radio Caroline等のメンバーとして活動しているウエノコウジ氏(Ba.)、MY LITTLE LOVERとしての音楽活動を経て現在はThe Birthdayのギタリストとして活動する藤井謙二氏(Gt.)、秦 基博、竹原ピストルらの音楽をグルーヴさせる女流ドラマー・あらきゆうこ氏(Dr.)、GRAPEVINEのキーボーディスト高野勲氏(Key.)ら豪華ミュージシャンが集結、日本の音楽シーンで絶大の信頼を受ける面々が終結し全く新しいサウンドをお届けします。


◆LINE MUSICで楽曲をオフライン保存した方だけに限定動画をプレゼント
LINE MUSICでは、side Aとside Bを合わせた楽曲「守ってあげたい - from Old To The New」を配信。
同曲をオフライン保存した方だけに、「幻のC面(side C動画)」を無料でプレゼントいたします。
side Aとside Bを同時に楽しめる限定動画となっています。
詳細note: https://note.linemusic.jp/n/nffa6fbcca6ae
[画像3: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-525843-3.png ]




「歌の力」で時代を超え、世代を超え、音楽をつなぐ。『Old To The New』 ふたつのスマホを同時再生すると音楽が生まれ変わる!新感覚のMV


[画像4: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-630010-2.jpg ]


『Old To The New』では、レコードやカセットにA面B面が存在していたように、“side A(A面)”と “side B(B面)”の2つの動画をLINE RECORDSの公式YouTubeチャンネルにて公開します。

side Aは、松本穂香さんの歌の力をそのまま感じていただけるボーカルオンリーの歌唱サイド、side Bは、錚々たるミュージシャンが終結し、ギター、ベース、ドラム、キーボードといったサウンドオンリーのインストサイドになっています。



『Old To The New』の楽しみ方


[画像5: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-740166-11.png ]


side Aとside Bを2つのスマホで同時に再生すると、シンプルな歌の力と、バンド編成の音楽の力が融合して全く新しい音楽に生まれ変わります。
名曲たちを聴き継ぎ、歌い継ぐことで、「時代を超えて、世代を繋ぐ」というOld To The Newのコンセプトを、幅広い世代に体験してもらうための仕掛けとなっています。


 STEP1.:スマートフォンでYouTubeアプリを立ち上げて、side Aとside BそれぞれのMVを再生する。

 STEP2.:再生した動画を一時停止して、side A、side BともにMV開始の0秒に戻す。
     ※スマホ画面の左側を2回タップすると頭出しできます。

 STEP3.:タイミングを合わせて2つのMVを同時再生!


スマホでDIYセッションができる!

また、DIYセッションをお楽しみいただけるのも『Old To The New』の魅力のひとつ。

side Aを再生しながらご自身でハモリを重ねてみたり、side Bのバンドメンバーにご自身の楽器でオリジナルアレンジを加えたり、気の向くままにDIYチャレンジしていただけます。
セッションの様子は、ハッシュタグ「#OldToTheNew」を付けてSNSでシェアしよう!



『Old To The New』


[画像6: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-142425-12.png ]

https://linerecords.me/project/old_to_the_new

レコードやカセット、CDで発表された無数の名曲たちを 新鮮さをもって蘇らせるプロジェクト『Old To The New』。

音楽サブスクリプションサービスの登場で、 無限に広がる音楽ライブラリにアクセスできるようになった今だからこそ、 名曲たちを聴き継ぎ、語り継ぎ、歌い継いでいきたい。 そして、何よりも大切にしたいのは、 どんな時代にあっても変わりなく、 人の心を震わせ続ける、「歌」の力です。 この企画では、毎回特別な歌い手をお招きし、 感動や驚きをお届けします。



プロフィール


松本穂香(Vo.)

[画像7: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-629129-6.jpg ]


女優。 1997年2月5日生まれ、大阪府出身。2015年 主演短編映画でデビュー。

その後、NHK 連続テレビ小説「ひよっこ」が話題に。「この世界の片隅に」(TBS)、「JOKER×FACE」(CX)などの連続ドラマの主演を務めた他、映画「おいしい家族」「わたしは光をにぎっている」「酔うと化け物になる父がつらい」「君が世界のはじまり」などの 主演映画が立て続けに公開。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズに出演中。10月16日からは主演映画「みをつくし料理帖」の公開が控えている。


あらきゆうこ(Dr.)

[画像8: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-632169-7.png ]


CORNELIUS、くるり、安藤裕子、布袋寅泰、オノヨーコを始めとした多数のアーティスト達のレコーディングセッションやライブに参加しているドラマー。
ソロプロジェクトMI-GU名義でオリジナルアルバム3枚、ベストアルバム1枚をリリース。画家・近藤康平、ベース・カナミネケイタロウとユニット「calyboo(カリブー)」としても活動を展開。
2014年に地元・鳥取県境港市のフィッシュ大使に就任。音楽を通し、山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。


ウエノコウジ(Ba.)

[画像9: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-478175-8.png ]

2003年、thee michelle gun elephant解散後、Radio Caroline、武藤昭平 with ウエノコウジを結成。
2009年にはthe HIATUSとして活動を開始。武藤昭平 with ウエノコウジ、THE King ALL STARSへの参加、吉川晃司等のサポートとしても活動中。


高野勲(Key.)

[画像10: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-287907-9.png ]


90年代前半よりキーボーディストとしてセッション、プロデュースなどの活動を開始。

現在までサニーデイ・サービス、GRAPEVINE、岸谷香、斉藤和義、GLIM SPANKYなどバンド、ソロシンガー男女問わず数々のアーティストのプロデュース、アレンジ、レコーディング、
ライブサポートミュージシャンとしても活動中。


藤井謙二(Gt.)

[画像11: https://prtimes.jp/i/1594/2612/resize/d1594-2612-961437-10.png ]


THE BARRETTのギタリストとしてデビュー。2010年にThe Birthdayに加入。2020年には加入10年を迎え、両A面シングル『ヒマワリ/オルゴール』を11月にリリース予定。同月にはバンド結成15周年の東名阪のホールツアーを行う。これまでに数々のアーティストのレコーディング・ライブに参加し、スタジオミュージシャン、サポートミュージシャンとしても活動中。


【LINE RECORDS】
LINEが運営する、アーティストとユーザーの距離を縮めるデジタル・ネイティブ・レーベル。音楽を通じたコミュニケーションの更なる活性化及びユーザーとの接点の拡大を目的に、楽曲に関するレコード制作、楽曲管理等を行う。
URL: https://linerecords.me/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング