【JAF千葉】観光型MaaS実証実験に協賛!銚子市のドライブ観光促進に協力

PR TIMES / 2019年8月20日 13時40分

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)千葉支部(支部長 上出 賢治)は、株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)、銚子市(市長:越川信一、所在地:千葉県銚子市)、銚子電気鉄道株式会社(代表取締役社長:竹本勝紀、本社:千葉県銚子市)、KDDI株式会社(代表取締役社長:高橋誠、本社:東京都千代田区)が共同で実施する、観光型MaaS(Mobility as a Service)の実証実験に協賛し、銚子市のドライブ観光促進に協力することといたしました。



本実証実験は、ナビタイムジャパンが、カーナビゲーションアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』で、自治体や地元企業と連携した観光コンテンツを元にドライブルートを提案するもので、2019年7月19日(金)から8月31日(土)まで実施されます。
目的地までの経路案内という従来型のカーナビゲーションとは異なる提案型のサービスで、ユーザーに対して地方への移動需要を喚起し、現地での体験を充実させることにより、初めて訪れた場所での満足度向上を図ります。また、現地への再訪や口コミによる更なる誘客によって、地域の活性化につなげます。

JAFは、約1954万人(2019年7月度)の会員を擁する自動車ユーザー団体として、クルマの利点を生かした観光を促進することによる地域振興を推進しております。また、JAF千葉支部と銚子市は、「観光協定」を締結しており、機関誌「JAFMate」など会員向け媒体で観光情報を提供するほか、自治体の保有する観光施設における会員向けサービス提供の充実を図っています。旅行先としての銚子の魅力を伝えていることから、本実証実験への協賛により、一層の観光送客に協力したいと考えています。

------------------------------
■ 実証実験の概要
ナビタイムジャパンのカーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』に「銚子観光モード」メニューが用意されています。ユーザーは「銚子観光モード」を選択して目的地を銚子市内に設定してスタートします。

・96km走行でプレゼント進呈
設定した目的地まで銚子電鉄の開業96周年にちなんだ96km走行の条件達成でクーポンが発行されます。クーポンを銚子電鉄の犬吠駅で提示すると、1.当日有効のNAVITIME 限定・銚子電鉄1 日乗車券、2.銚子電鉄救済プロジェクトで誕生したオリジナルお菓子「まずい棒」、そして、3.JAFのオリジナルハンドタオル(先着50名様)の3点をプレゼントします。
一日乗車券は、銚子電鉄の全駅での乗降自由。また、提示することで、沿線の観光スポットの入場割引等が受けられます。車で銚子までの道を楽しんだら、犬吠駅前の無料駐車場に駐車し、銚子電鉄に乗って沿線の観光周遊を満喫するという「パーク&ライド」の型の旅行を促します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10088/2676/resize/d10088-2676-412346-3.png ]




・「チェックインラリー」
GPS をオンにした状態で、銚子市内に設定した6箇所の観光スポットすべてでチェックインすると、「ヤマサしょうゆ工場見学センター」にて、銚子名物の「しょうゆソフトクリーム」をプレゼントします。車での銚子市内での周遊を促し、より広く地域の魅力を知っていただく機能です。

・「銚子のおすすめドライブコース」
銚子市とナビタイムが共同で作成したオリジナルコースで、「銚子電鉄沿線コース」「銚子の絶景めぐりコース」等が掲載されます。音声観光ガイダンスでは、観光スポットの近くを通ると、観光ガイド音声が流れます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10088/2676/resize/d10088-2676-234925-0.png ]


その他、ローカルイベント情報、観光施設や飲食店等が提供するクーポンの配布機能などがあります。

■『NAVITIMEドライブサポーター』アプリ
iOS  :  https://itunes.apple.com/jp/app/id413487517?mt=8
Android:  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimedrive

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング