1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

将来世代を応援!年間8,000万本消費される傘の廃棄を減らす!丸井グループ、アイカサ、将来世代が共創、使い捨て傘の文化を変える「U22応援プラン」を開始

PR TIMES / 2021年6月24日 14時0分

2021年6月24日(木)~

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区 代表取締役社長:青井浩)と、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区 代表取締役:丸川照司)は、将来世代との共創の取り組みとして22歳以下の若者に向けたアイカサ使い放題サービス「U22応援プラン」を開始いたします。これからの未来を担う若者(16歳~22歳)の、雨の日の快適な移動や充実したライフスタイルをサポートするだけでなく、アイカサを通してサステナビリティを体感いただき、使い捨て傘の削減によるソーシャルインパクトの創出をめざします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3860/2692/resize/d3860-2692-474178-4.png ]


■「U22応援プラン」とは

日本人一人あたりの傘所有本数と、ビニール傘消費本数は、ともに世界で1位といわれています。日本で消費される傘は、年間約1.2億本~1.3億本にもなり、そのうちの6割にあたる約8,000万本がビニール傘で、多くはリサイクルされずに地球に埋め捨てられ続けています。
この現状を改善し、便利で住み良い社会づくりをめざす「アイカサ」とともに、丸井グループは、環境へ配慮し社会的課題を解決するサステナブルな取り組みを進めています。

丸井グループとアイカサは共創の取り組みを進める中で、若者へのアプローチに対して特に課題を抱えていました。丸井グループが掲げる将来世代を応援したいという想いと、すべての若者に対して濡れない体験を提供したいというアイカサの想いが合致し、本業を通じて社会課題の解決をめざすために、「U22応援プラン」が実現しました。
プランの展開開始にあわせて、全国の大学と連携し大学構内でのアイカサ設置の拡大を図ります。アイカサを使うことでサステナブルな取り組みをより身近に、自分ごととして体感していただくだけでなく、体験を通じてこの取り組みを世の中や同世代に発信していただくことで、将来的に傘の使い捨てがない文化を共に創り、リサイクルの難しい傘の廃棄削減やCO2削減といった社会的なインパクトの創出をめざします。
また、丸井グループのエポスカードを活用いただくことで、お金の不安や決済手段がなく「アイカサ」の利用をあきらめてしまっていた若者に対し、充実したライフスタイルのサポートをしてまいります。


<プラン概要>

[画像2: https://prtimes.jp/i/3860/2692/resize/d3860-2692-394465-1.png ]

【対象】 16以上~22歳以下のすべての人(学生・社会人含む)
16~18歳 ⇒何度でも使い放題
18~22歳 ⇒登録から1年間使い放題(3日以内の返却が条件、4日目より通常料金)
※エポスカード加入で18~22歳の方も使い放題へ変更可
【レンタルできる傘の本数】 2本まで

▼詳しくはこちら
https://mobile.i-kasa.com/download


<マルイ・モディの店舗も応援>
マルイ・モディ全21店舗でのアイカサ設置に加え、丸井グループ北口本社にもアイカサを設置し、グループ一丸となりこの取り組みを応援しています。
北千住マルイ/FM溝口/新宿本館/新宿アネックス/新宿メン/有楽町マルイ/町田マルイ/錦糸町店/国分寺マルイ/上野マルイ/CTY横浜/戸塚モディ/なんばマルイ/博多マルイ/中野マルイ/大宮マルイ/吉祥寺店/神戸マルイ/池袋マルイ/渋谷マルイ・モディ


<連携大学一覧>
本企画にご賛同いただいた大学の一覧になります。ご賛同いただいた大学には、アイカサスポットを設置し、学生の方がご利用しやすい環境づくりをご支援いただいております。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3860/2692/resize/d3860-2692-258439-3.png ]

ー取組みにご賛同いただける大学を募集中ー
この取り組みにご賛同いただける全国の大学を募集しています。自校にアイカサを設置し、U22応援プランを告知いただけるご興味のある学校関係者さまは下記までご連絡ください。
*設置の諸条件がありますので詳しくはお問い合わせください
また、この取組みに共感いただける大学ゼミも大歓迎です。ぜひ一緒に使い捨て傘のない文化をつくっていきましょう!ご興味がありましたら下記までご連絡ください。
▼お問い合わせ先
info@i-kasa.com


■傘のシェアリングサービス「アイカサ」について

「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の本格的な傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴です。現在は、東京駅や新宿駅をはじめとした都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知などを合わせて約850カ所のスポットで展開をしており、累計登録ユーザー数は合計15万人を超えています。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることをなくし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、傘をシェアし使い捨て傘ゼロを実現する社会づくりをミッションにしております。


▼丸井
https://www.0101.co.jp/

▼丸井グループ
https://www.0101maruigroup.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング