Windows 7のデータを安全・確実に移行できる!新刊『できるパソコンのお引っ越し Windows 7からWindows 10に乗り換えるために読む本 令和改訂版』9月24日に発売

PR TIMES / 2019年9月24日 15時0分

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、2020年1月にサポート切れが迫るWindows 7のパソコンからWindows 10のパソコンへ「メール」や「写真」「大切なファイル」などを確実にデータ移行する方法を解説した『できるパソコンのお引っ越し Windows 7からWindows 10に乗り換えるために読む本 令和改訂版』を2019年9月24日(火)に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/2921/resize/d5875-2921-535203-4.jpg ]


■Windows 7のサポートが終了するまでに環境をWindows 10のパソコンへ
2009年10月22日にリリースされたWindows 7もいよいよ2020年1月14日にサポートが終了します。サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、Windows 7のパソコンを使い続けられますが安全性は下がり、セキュリティのリスクやウイルスの被害を受けやすくなります。そのため、Windows 7のサポートが終了する前に、最新のOSであるWindows 10へ環境を移行することがマイクロソフトから推奨されています。
本書は、これまでWindows 7に蓄積してきた、WordやExcelのファイルからデジタルカメラで撮影した写真データ、メールソフトに保存されているプロバイダーのメールなどをWindows 10の新しいパソコンへ順序立てて引っ越しする方法を丁寧に解説しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/2921/resize/d5875-2921-228570-2.png ]


■読者の声を反映してメールソフトをOutlookとWindows Liveメールに両対応
今回の改訂版は、できるシリーズの読者サポートサービス「できるサポート」に年間1万件以上寄せられる読者の声を反映して内容を刷新しました。今回は、Windows 7のメールソフトをMicrosoft Outlookだけでなく2017年1月にサポートが終了したWindows Liveメールも対象として、Windows 10へ確実にメールデータや連絡先などをクラウドサービスのOutlook.comへ引っ越しできるようにしました。クラウドサービスに移行することで、今後パソコンを買い替える時に移行作業の必要がなくなる上、パソコンだけでなくスマートフォンからもメールを確認できるため、本書ではクラウドサービスのOutlook.comへの移行を推奨しています。Microsoft OutlookからMicros
oft Outlookへデータを引っ越しの方法も付録で解説しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/2921/resize/d5875-2921-844956-1.png ]


■無料電話サポートや動画解説にも対応
各解説書は、「できる」シリーズの読者サポートサービス「できるサポート」に対応しています。書籍を購入した人なら無料で利用でき、解説内容に分からないことがあれば電話やメール、FAXなどでサポートが受けられます。また、書籍内のレッスンでは動画解説を用意しています。紙面に掲載されたQRコードをスマートフォンなどで読み取るだけで動画を見ることができます。紙面で解説している操作を動画で見られるので、より理解が深まります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/2921/resize/d5875-2921-555100-3.png ]

<本書はこんな人におすすめです>


Windows 7を使い続けている人
新しいWindows 10のパソコンに買い替えた人
Windows LiveメールやOutlookのメールをどう移行するかわからない人
Windows 7の環境をWindows 10に移行する方法を知りたい人



[画像5: https://prtimes.jp/i/5875/2921/resize/d5875-2921-500640-0.png ]

■書誌情報

[画像6: https://prtimes.jp/i/5875/2921/resize/d5875-2921-535203-4.jpg ]

書名:できるパソコンのお引っ越し Windows 7からWindows 10に乗り換えるために読む本 令和改訂版
著者:清水理史&できるシリーズ編集部
定価:本体1,500円+税
電子版価格:1,500円+税※インプレス直販価格
発売日:2019年9月24日(火)
ページ数:160ページ
ISBN:978-4-295-00745-6

◇Amazonの書籍情報ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/4295007455/
◇書誌情報: https://book.impress.co.jp/books/1119101067
◇書影ダウンロード: https://dekiru.net/press/500745.jpg

◇目次
第1章 Windows 10について知ろう
第2章 Windows 7のデータをバックアップしよう
第3章 保存したデータをWindows 10で復元しよう
第4章 Outlookのメールデータを移行しよう
第5章 Windows Liveメールのメールデータを移行しよう
第6章 Outlook.comでメールをやり取りしよう
付録1 Outlook同士でメールを移行するには
付録2 音楽ファイルを移行するには
付録3 イメージバックアップを仮想ディスクとして使うには
付録4 古いパソコンを廃棄するには

■著者プロフィール
清水理史(しみずまさし)
1971年生まれ東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク関連の記事を数多く執筆。「INTERNET Watch」にてネットワーク機器のレビュー記事を掲載する「イニシャルB」を連載中。主な著書に『できるWindows 10 活用編』『できるUiPath 実践RPA』『できるWindows 10 改訂4版』(共著)(インプレス)などがある。

■できるシリーズについて
https://dekiru.net
「できる」シリーズは、画面写真をふんだんに使い、操作の流れを紙面に再現した入門書の元祖です。操作に必要な「すべての画面」と「すべての手順」を紙面に掲載しているので、パソコンやインターネットの操作に不慣れな方でも簡単に操作や知識を身に付けられます。楽しみながら操作を学べるように、各レッスンにストーリー性を持たせ、章ごとに知識が身に付く構成になっています。おかげさまで「できる」シリーズは、刊行開始から25周年を迎え、シリーズ累計7,500万部を突破しました。

◇できるシリーズ25周年特設サイト
https://dekiru.net/25th/

以上

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング