1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の鼻ポリープ治療市場は、2021年~2027年の予測期間中、年平均成長率4.5%以上で推移すると予測されています。

PR TIMES / 2021年10月5日 13時0分

2021年10月5日にREPORT OCEANが紹介した新レポートによると2020年、世界の鼻ポリープ治療市場規模は14億8,270万米ドル以上



2020年、世界の鼻ポリープ治療の市場規模は14億8,270万米ドル以上でした。鼻ポリープ治療の世界市場は、2021年から2027年の予測期間中、年平均成長率(CAGR)4.5%以上で成長すると予測されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/67400/3057/resize/d67400-3057-c769bccdc7af6dea9b8e-0.jpg ]


続きを読む: https://reportocean.com/industry-verticals/details?report_id=BWCC708

市場の概要

鼻腔や副鼻腔の内壁には、癌ではない、柔らかく痛みのないポリープが発生することがあります。この症状は慢性的な炎症に起因するもので、喘息やアレルギー、繰り返し起こる感染症、特定の薬剤に対する過敏症などが原因となる場合があります。鼻ポリープは、薬などの鼻ポリープ治療で縮小・消失させることができますが、外科的に除去しなければならない場合もあります。
鼻ポリープを伴う慢性鼻副鼻腔炎の患者さんは増加傾向にあります。特に、うつ病や不安神経症になりやすいと言われています。したがって、鼻副鼻腔炎の治療を容易にしながら、鼻ポリープのサイズを縮小できる慢性鼻副鼻腔炎の治療法や薬は、今後数年で普及し、鼻ポリープの治療に革命を起こす可能性が高いと考えられます。

市場に影響を与える要因

鼻ポリープを伴う慢性鼻副鼻腔炎(CRSwNP)に悩む高齢者人口の増加、鼻ポリープ治療のパイプラインの増加、研究活動の活発化などが、鼻ポリープ治療市場の成長を促進する要因となっています。
副鼻腔手術の高額な費用や、出血、脳脊髄液の漏出、視覚障害、瘢痕形成、炎症などの副作用が成長の妨げとなっています。また、体重増加、骨密度低下、目の白内障形成など、ステロイドの副作用が市場の成長を抑制しています。
鼻内視鏡検査やコンピュータ断層撮影は、鼻ポリープ治療の世界市場に新たな機会をもたらしている重要な技術です。

COVID-19の影響

世界的に、COVID-19の発生は、病院のワークフローに大混乱をもたらしました。医療分野を含む数多くの産業が一時的な閉鎖を余儀なくされました。しかし、COVID-19は、鼻ポリープ治療市場にとって有益である可能性があります。鼻ポリープの症状としては、嗅覚障害、悪味、鼻づまり、呼吸困難などがあり、抗生物質の需要が高まると考えられます。COVID-19は、上気道または下気道に影響を与える可能性があります。副鼻腔感染症では、鼻腔全体の海綿体が炎症を起こす可能性があります。また、副鼻腔感染症とCOVID-19には多くの類似した症状があります。現在進行中のパンデミックによる診断テストや抗生物質の需要の増加により、鼻ポリープ治療の市場は成長すると予測されています。このように、COVID-19の発生は、鼻ポリープ治療市場にプラスの影響を与えています。

地域別概要

アジア太平洋地域は、鼻ポリープ治療市場の主要プレーヤーにとって有利な機会を提供しており、予測期間中に最も速い成長率を示すと予測されています。医療インフラの整備、鼻ポリープやそれに伴う喘息、副鼻腔炎などの疾患の増加、可処分所得の増加、国内企業のプレゼンスの確立、人口の高齢化などが要因となっています。

主要企業

世界の鼻ポリープ治療市場で注目されている主要企業は以下の通りです。

アストラゼネカ(AstraZeneca)社
Regeneron Pharmaceuticals Inc.
グラクソ・スミスクラインPLC
ノバルティス・インターナショナルAG
オプティノーズ US
インターセクトENT社
メルク・アンド・カンパニー・インク
サノフィS.A
F. ホフマン・ラ・ロシュ社
テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ・リミテッド
その他の著名プレイヤー


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC708

レポートの狙い

世界の鼻ポリープ治療市場のセグメンテーションは、治療の種類、投与経路、流通チャネル、地域で構成されています。

治療法の種類に基づくセグメンテーション


コルチコステロイド
抗生物質
ロイコトリエン阻害剤
その他


投与経路別の内訳


経口
鼻腔
その他


流通経路別の内訳


病院薬剤師
小売薬局
オンライン薬局


地域別の内訳


北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
欧州
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域


詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。

主なトピックを紹介します。

第1章. 研究の枠組み
1.1. 研究の目的
1.2. 製品概要
1.3. 調査方法

第2章 エグゼクティブサマリー:鼻ポリープ治療の世界市場

第3章. 世界の鼻ポリープ治療市場の概要
3.1. 業界のバリューチェーン分析
3.2. 業界の展望
3.3. PESTLE分析
3.4. ポーターズ・ファイブフォース分析
3.5. 市場力学とトレンド
3.6. 市場の成長と展望
3.7. 市場の成長トレンドに対するCovid-19の影響評価
3.8. 規制動向
3.9. 価格動向分析

第4章 競合ダッシュボード
4.1. 市場集中度
4.2. 企業の市場シェア分析(金額%)、2020年
4.3. 競合他社のマッピング

第5章.鼻ポリープ治療の市場規模とトレンド分析、治療の種類別
5.1. キーインサイト
5.2. 市場規模と予測、2017年~2027年(US$ Mn

第6章 鼻ポリープ治療の市場規模とトレンド分析、投与経路別
6.1. 主要な洞察
6.2. 市場規模と予測、2017年~2027年(US$ Mn)

第7章 鼻ポリープ治療の市場規模と動向分析、流通チャネル別
7.1. 主要な洞察
7.2. 市場規模と予測、2017年~2027年(US$ Mn)

第8章 鼻ポリープ治療の市場規模と動向分析(地域/国別
8.1. 主要な洞察
8.2. 市場規模と予測、2017年~2027年(US$ Mn)

第9章. 北米の鼻ポリープ治療市場規模と動向分析

第10章. ヨーロッパの鼻ポリープ治療市場規模と動向分析

第11章. アジア太平洋地域の鼻ポリープ治療の市場規模と動向分析

第12章. MEA・アフリカの鼻ポリープ治療市場規模と動向分析

第13章. 南米の鼻ポリープ治療の市場規模と動向分析

第14章. 会社概要(会社概要、財務マトリックス、主要製品のランドスケープ、主要人員、主要競合企業、連絡先住所、事業戦略の展望)。

*ご要望に応じて、国別セグメントレベルの分析を提供します


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC708

私たちについて:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング