昨年ツアーの引退を宣言したエリック・クラプトン。昨年ロンドンで行なわれたファイナルツアーの模様と、2014年ワールドツアーのライブ&ドキュメンタリーの2番組を、WOWOWにて4月24日に放送!

PR TIMES / 2016年4月18日 14時28分



[画像: http://prtimes.jp/i/1355/3158/resize/d1355-3158-711454-1.jpg ]

 1974年10月の初来日以来、来日公演数は200回を越え、今週開催の日本武道館での5夜限定ライブで、2年振り21回目の来日公演が話題のエリック・クラプトン。 日本武道館での公演数は、今回を入れて計91公演を数え、 自身の持つ歴代海外アーティストの記録を、今年また更新した。

 そんなエリック・クラプトンが、長いキャリアの節目に必ずその舞台を踏んできた聖地、イギリス・ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで繰り広げた70歳記念コンサート「スローハンド at 70」。2015年、70歳を機にツアーの引退を宣言し、最後のツアーとなった連続公演の中から、5月21日のライブの模様をWOWOWで4月24日に放送する。

 今年3月30日、エリック・クラプトンは71回目の誕生日を迎えた。卓越したギタープレーを核に数多くの名曲、名演を残してきた音楽家としての歩みは、半世紀を越えている。しかし、その高い人気と評価はまったく衰えを見せてはいない。例えば、今週開催の日本武道館公演5回のチケットは、まさに一瞬で売り切れたという。昨年春、ロイヤル・アルバート・ホールで行なわれた、生誕70周年記念連続公演の中から5月21日のライブを記録した当番組は、その存在の大きさを、あらためて強く実感させてくれるもの。スティーヴ・ガッド、ネイザン・イーストらをバックに、「いとしのレイラ」「ティアーズ・イン・ヘヴン」「ワンダフル・トゥナイト」などの代表曲、「クロスロード」「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」などのブルース・スタンダードを中心にした17曲を、年齢を感じさせることのないパワーと円熟味をバランスよく両立させたパフォーマンスで聞かせてくれる。

 そしてWOWOWでは、同日4月24日(日)よる7:30から、日本のファンに愛され続けているエリック・クラプトンの、2014年の来日ツアー「プレーンズ・トレインズ・アンド・エリック~ジャパン・ツアー2014」を中心に、シンガポール、ドバイ、バーレーンでのベストシーンを収録した番組を合わせてお届けする。代表曲のライブはもちろん、リハーサルやサウンドチェック、飛行機や列車の移動シーンなどのオフショットも盛り込まれ、ツアーの裏側やクラプトンの人間味あふれる姿も見ることができる貴重なライブ&ドキュメンタリー。日本を愛し、日本に愛されるレジェンドの実像を身近に感じていただきたい。


■■■WOWOW番組情報■■■
★エリック・クラプトン スローハンド at 70
4月24日(日)よる9:00[WOWOWライブ]
収録日:2015年5月21日   収録場所:イギリス・ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール
放送予定楽曲:Somebody's Knockin'、Key to the Highway、Tell the Truth、Pretending、Hoochie Coochie Man、You Are So Beautiful、Can't Find My Way Home、I Shot the Sheriff、Driftin' Blues、Nobody Knows You When You're Down and Out、Tears in Heaven、Layla、Let It Rain、Wonderful Tonight、Crossroads、Cocain、High Time We Went
番組サイト  http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/108257/index.php?m=01


<関連番組>
★エリック・クラプトン プレーンズ・トレインズ・アンド・エリック
4月24日(日)よる7:30[WOWOWライブ]
収録日:2014年   収録場所:日本、シンガポール、アラブ首長国連邦、バーレーン
番組サイト  http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/106139/index.php?m=01

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング