1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

GMO TECH:アフィリエイト広告と運用型広告のハイブリッド型アプリ向け広告メニュー「AppKing(アップキング) byGMO」をリリース

PR TIMES / 2021年4月30日 15時45分

~広告単価高騰のリスクを抑え、高い効果を見込む~



2021年4月30日
報道関係各位

GMO TECH株式会社
================================================
アフィリエイト広告と運用型広告のハイブリッド型
アプリ向け広告メニュー「AppKing(アップキング) byGMO」をリリース
~広告単価高騰のリスクを抑え、高い効果を見込む~
================================================
 GMOインターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開するGMO TECH株式会社(代表取締役社長CEO:鈴木 明人 以下、GMO TECH)は、完全成果報酬型アフィリエイトサービスで、広告単価高騰のリスクを抑えながら運用型広告のような広告効果が見込めるアプリ向け広告(※1)メニュー「AppKing(アップキング) byGMO」(URL: https://appking.net/ )を、本日2021年4月30日(金)にリリースいたしました。
(※1)アプリ向け広告=ユーザーにスマホアプリのダウンロードや利用を促す広告

[画像1: https://prtimes.jp/i/136/3175/resize/d136-3175-576293-0.png ]

-------------------------------------------------
【アプリ向け広告市場と「AppKing byGMO」導入の背景】
-------------------------------------------------
 昨今のアプリ向け広告市場においては、「アフィリエイト広告」と「運用型広告」が主流になっています。アフィリエイト広告は、ブログサイトやニュースサイト等の記事でアプリを紹介する広告で、ダウンロード数など成果数に応じて広告費用が発生するCPI(※2)固定型の課金体系です。成果報酬のためCPI単価が固定でありリスクを抑えやすいメリットがある一方、幅広い媒体に配信をするため広告効果が見込みづらいという課題があります。一方、運用型広告は、広告素材を入稿し単価を入札することにより各プラットフォームの広告枠に配信ができます。広告効果のひとつであるROAS(※3)は高くなる傾向にありますが、CPC(※4)、CPM(※5)等の課金形態のためCPI単価が高騰するリスクがあることが課題といえます。
 このような中、広告主の皆様から、リスクを減らしながらも広告効果を高めたいという声を多くいただくようになったため、このたび、リスクを抑えやすいアフィリエイト広告と、高い広告効果が見込みやすい運用型広告のハイブリッド型である「AppKing byGMO」をリリースすることといたしました。
(※2) CPIとはCost Per Installの略称で、インストール単価を指します。
(※3) ROASとは、Return On Advertising Spendの頭文字をとった略称であり、投資した広告費用に対してどのくらい売上があがったかの広告効果を見るための指標の1つです。
(※4) CPCとはCost Per Clickの略称で、クリック単価を指します。
(※5) CPMとはCost per Milleの略省で広告掲載回数1000回あたりにかかる費用のことです。

-------------------------------------------------
【「AppKing byGMO」の特徴】
-------------------------------------------------
 「AppKing byGMO」は、多種多様な媒体に配信して広告効果を最適化する方法ではなく、GMO TECHの自社アフィリエイトサービスである「GMO SmaAD(スマアド)」・「GMO SmaAFFi(スマアフィ)」の運用で培ったノウハウや配信データを元にし、成果報酬型のCPI固定の課金体系で、アプリランキング記事のランディングページのように高い広告効果を見込める媒体にターゲティング配信いたします。
 また、配信する広告についても、App StoreやGoogle Playでアプリを探しているユーザーに対して、キーボードの予測変換でユーザーにおすすめのアプリを紹介するサジェスト広告や、独自のアプリストアを展開しているプラットフォーム内でアプリを紹介するストア広告などを用いることでも広告効果を高めてまいります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/136/3175/resize/d136-3175-982784-4.png ]


-------------------------------------------------
【「GMO SmaAFFi」について】(URL: https://smaad.net/smaaffi/
[画像3: https://prtimes.jp/i/136/3175/resize/d136-3175-882127-2.png ]

-------------------------------------------------
 「GMO SmaAFFi」は、完全成果報酬型のWebサイト(PC/スマホ対応)向けアフィリエイトサービスです。GMO TECHが広告主とWebサイトを運営する媒体主(アフィリエイター)を仲介し、双方のコンサルティングを行うため、広告主は集客・売上向上を、媒体主は収益最大化を図ることができます。

-------------------------------------------------
【「GMO SmaAD」について】(URL: https://smaad.net/smaad/
[画像4: https://prtimes.jp/i/136/3175/resize/d136-3175-734284-3.png ]

-------------------------------------------------

 「GMO SmaAD」は、業界最大級(※6)のメディアネットワークを保有するスマートフォンアプリ向け成果報酬型広告配信サービスです。アプリインストールのみならず、その後のエンゲージメントを成果地点とし、広告主様のKPIに応じたコンサルティングを強化しております。
(※6)当社調べ(2021年3月31日時点)

以上

------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMO TECH株式会社 アフィリエイト広告部
TEL:03-5489-6270(直通)FAX:03-5489-6371
E-mail:smaad-contact@gmotech.jp
------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMO TECH株式会社 広報担当 西村
TEL:03-5489-6370 FAX:03-5489-6371
E-mail:press@gmotech.jp 

●GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 新野
TEL:03-5456-2695
E-mail:pr@gmo.jp
------------------------------------

【GMO TECH株式会社】(URL: https://gmotech.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMO TECH株式会社 (東証マザーズ 証券コード:6026)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長CEO 鈴木 明人
事業内容 ■インフルエンサー広告・メディア事業
     ■インターネット・メディア広告事業
     ■上記を含むインターネット広告・メディア事業全般
資本金  2億7,766万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名   GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者   代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業  ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業    ■暗号資産事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C)2021 GMO TECH, Inc. All Rights reserved.
■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング