【JAF茨城】チャイルドシート取付点検会を開催します

PR TIMES / 2021年2月15日 11時15分

~インストラクターが取付け状況のチェックをします~

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)茨城支部(支部長:加藤 敏彦)は、3月12日(金)、水戸市内の支部事務所において、チャイルドシート取付点検会を開催します。




2019年に警察庁とJAFが合同で実施した全国調査では、チャイルドシートが自動車に正しく(取扱説明書通りに)取付けられていたのは47.6%にとどまり、半数以上が腰ベルトの締付け不足や座席ベルトの通し方間違いなどのミスユースでした。点検会では、チャイルドシート認定指導員による取付け状況のチェックとアドバイスをします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10088/3378/resize/d10088-3378-732118-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10088/3378/resize/d10088-3378-738000-1.png ]


    ■取付け時の主なミスユーズ
    ・腰ベルトの締付け不足
    ・座席ベルトの通し方間違い
    ・サポートレッグの調節不良
    ・固定金具等の不備・誤使用
    ・車両座面形状との不適合



<チャイルドシート取付点検会の概要>
日  時:2021年3月12日 13:00~16:00(1台30分)
場  所:JAF茨城支部事務所 水戸市笠原町1248
定  員:4台(※定員になり次第締め切り)
参加条件:チャイルドシート付車両を持ち込み可能であること
詳細は下記URLよりご覧ください
https://jaf.or.jp/common/area/2021/kanto/ibaraki/seminars/proper-use-child-restraints/0312-01


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング