縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K7他 3機種を発売

PR TIMES / 2019年5月8日 17時40分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3447/resize/d3442-3447-771384-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、業界で初めてななめドラム洗濯乾燥機に搭載し、高評価を得ている「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能を新たに搭載した縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K7他 3機種を2019年6月25日に発売します。

パナソニックは、共働きの増加による家事の時短や作業の簡素化へのニーズの高まりから、2017年に、業界で初めて(※1)ななめドラム洗濯乾燥機に液体洗剤・柔軟剤 自動投入機能を搭載しました。パナソニックの調査によると、購入者の約85%が本機能に対し購入時に魅力を感じ(※2)、使用後のアンケートでは約83%が満足したと回答しており(※3)、高く評価されています。

「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能は、液体洗剤や柔軟剤を自動投入用タンクに入れておけば、洗濯のたびに適量(※4)を自動で計量して投入します。新製品では、自動投入機能を、洗濯容量10 kg、9 kg、8 kgの3機種の縦型洗濯乾燥機に搭載し、より多くの方に洗濯の負担軽減を提案します。
また、縦型洗濯機購入意向者の約73%が重視している(※5)「洗浄力」強化のため、新しいパルセーターを採用し、大きな3枚の羽根で「パワフル立体水流」を生み出すことで、全体をしっかりかくはんして、上下内外に衣類をしっかり動かしながらムラを抑えて洗います。従来より搭載している、泡立てた洗剤液を衣類に浸透させて洗うパナソニック独自の「泡洗浄」と、新しい「パワフル立体水流」で、高い洗浄力を実現します。
また、ふた部分は凹凸を抑えたフレームレス ガラストップを採用し、すっきりとしたデザインでサニタリー空間に調和します。

パナソニックは毎日の使い勝手を追求し、洗浄力を強化した本製品を発売することで、快適な洗濯スタイルを提案します。

<特長>
1.「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能で計量・投入の手間削減
2. 泡立てた洗剤液で洗うパナソニック独自の「泡洗浄」としっかり衣類をかくはんさせる「パワフル立体水流」で、高い洗浄力を実現
3. フレームレス ガラストップのふたで空間に調和するデザイン

【品名】縦型洗濯乾燥機
【品番】NA-FW100K7/NA-FW90K7/NA-FW80K7
【定格容量】洗濯10 kg 乾燥5 kg/洗濯9 kg 乾燥4.5 kg/洗濯8 kg 乾燥4.5 kg
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2019年6月25日
【月産台数】5,000台

※1 2017年10月1日発売。国内全自動洗濯機において。
※2 パナソニック調べ(N=174)2018年発売NA-VX9900購入者調査
※3 パナソニック調べ(N=347)2018年発売VXシリーズ購入者調査
※4 初期設定が必要です
※5 パナソニック調べ(N=500)2017年WEB調査 対象:縦型洗濯機に関する定量調査

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 アプライアンス社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 広報課
電話:03-5781-4183(直通)

【商品に関するお問い合わせ先】
パナソニック 家事商品 ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-691(受付9時から18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K7他 3機種を発売(2019年5月8日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/05/jn190508-1/jn190508-1.html

<関連情報>
・パナソニック 洗濯機
https://panasonic.jp/wash/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング