ブルーレイディスクプレーヤー「DP-UB9000(Japan Limited)」機能追加のお知らせ

PR TIMES / 2019年6月11日 14時40分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3497/resize/d3442-3497-265113-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、ブルーレイディスクプレーヤー「DP-UB9000(Japan Limited)」に下記の通り機能を追加します。この新機能は2019年6月20日にバージョンアップによる対応を予定しており、方法等については準備が出来次第、パナソニックサポートページでご案内します。

◆パナソニック ブルーレイディスクプレーヤーサポートページ
https://panasonic.jp/support/bd/

1.「新4K衛星放送」記録ディスクの再生に対応
●対応内容
今回新たに「新4K衛星放送」番組録画ディスクの再生に対応します(※1)。

ブルーレイディスクにダビングした「新4K衛星放送」の番組を本機で再生できるようになりましたのでパナソニック製ブルーレイディスクレコーダー「DMR-SUZ2060」などで録画した番組を放送画質そのままに本機でお楽しみ頂けます。
また「新4K衛星放送」記録ディスクの再生対応に合わせHLGからSDRへ変換時の画質を改善しました。HDRに対応していないディスプレイやハイビジョンテレビなどでご覧頂く場合にも高画質な映像をお楽しみ頂けます。
■再生対象の記録メディア
・BD-R(DL/XL含む)
・BD-RE(DL/XL含む)

※1MPEG-4 AAC音声を選択時には、HDMIから最大5.1ch(PCM)に対応します。字幕表示には非対応です。

2. CD再生時の数字キーダイレクト選曲対応
●対応内容
音楽CD再生時にリモコンの10キーを使ったダイレクト選曲に対応します。これによりディスプレイを消灯している場合やハイクラリティサウンドで画面表示を消している場合でもかんたんにリモコンで曲の頭だしが可能になります。

3. 自動電源オフの無効化(「切」設定)の追加
●対応内容
自動電源オフ機能の有効/無効を切り換える設定を追加します。
これにより無操作状態が20分以上経過しても自動的に電源が切れないよう設定できます。

4. その他動作改善
●対応内容
その他、Ultra HDブルーレイ、ブルーレイビデオの再生互換性向上やネットワークサービスの動作安定性の改善などを行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング