日本で最もラディカルな映画作家の全記録!『A MOVIE 大林宣彦、全自作を語る』発売

PR TIMES / 2020年10月20日 12時15分



 インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山口康夫、略称:MdN)内で文芸・料理関連を扱う出版レーベル立東舎は、『A MOVIE 大林宣彦、全自作を語る』を10月22日に発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/3505/resize/d5875-3505-480034-3.jpg ]

本書では、商業映画デビュー作『HOUSE/ハウス』や角川映画の尾道三部作、それ以前の「マンダム」CMや個人映画作品などから最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』まで、すべての作品を網羅。監督自身の口から溢れ出す各作品のバックグラウンドは、まさに奇跡の集大成とでも呼ぶべきものです。本書をひもとけば、大林宣彦のワンダーランドがいかにして作られてきたのか、つぶさに知ることができます。
さらには、自ら作品の外輪を語る「インターミッション」や、ゆかりの著名人による「私の好きな大林映画」、詳細なフィルモグラフィも収録。
大林映画に心をとらわれた方々にはもちろんですが、スタジオシステム崩壊後・1970年代以降の日本映画を知るためにも重要な資料です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/3505/resize/d5875-3505-829594-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/3505/resize/d5875-3505-772081-0.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/3505/resize/d5875-3505-454643-1.png ]


【CONTENTS】
◎第1章 自主映画作家の商業映画への進出
大林宣彦、作品を語る:『HOUSE/ハウス』『瞳の中の訪問者』『ふりむけば愛』
◎第2章 角川映画との出会い
大林宣彦、作品を語る:『金田一耕助の冒険』『ねらわれた学園』
◎第3章 尾道三部作の時代
大林宣彦、作品を語る:『転校生』『時をかける少女』『可愛い悪魔』『麗猫伝説』『恋人よ われに帰れ LOVER COMEBACK TO ME』『廃市』『少年ケニヤ』『天国にいちばん近い島』『さびしんぼう』『姉妹坂』『四月の魚』
◎第4章 戦争と死者とファンタジー
大林宣彦、作品を語る:『彼のオートバイ、彼女の島』『野ゆき山ゆき海べゆき』『日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群』『漂流教室』『異人たちとの夏』『北京的西瓜』『私の心はパパのもの』『彼女が結婚しない理由』
◎第5章 新たなる演出技法の開拓
大林宣彦、作品を語る:『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』『青春デンデケデケデケ』『水の旅人 侍KIDS』『女ざかり』『あした』『三毛猫ホームズの推理』『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』
◎第6章 映画史の再検証
大林宣彦、作品を語る:『風の歌が聴きたい』『SADA~戯作・阿部定の生涯』『マヌケ先生』『あの、夏の日。~とんでろ じいちゃん』『淀川長治物語・神戸篇 サイナラ』『告別』『なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌』
◎第7章 回想~個人映画、コマーシャルの時代
大林宣彦、作品を語る:『ポパイの宝島』『マヌケ先生』『キングコング』『青春・雲』『絵の中の少女』『だんだんこ』『眠りの記憶』『木曜日』『尾道』『中山道』『T氏の午後』『形見』『喰べた人』『Complexe』『EMOTION』『CONFESSION』『海の記憶=さびしんぼう・序』『てのひらの中で、乾杯!/=キリンビールのできるまで』
◎第8章 21世紀の新たな挑戦
大林宣彦、作品を語る:『理由』『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』『転校生~さよなら あなた~』『その日のまえに』
◎第9章 3・11と戦争の記憶
大林宣彦、作品を語る:『この空の花―長岡花火物語』『野のなななのか』
◎第10章 40年目の集大成
大林宣彦、作品を語る:『花筐/HANAGATAMI』『海辺の映画館―キネマの玉手箱』
◎第11章 資料篇
完全フィルモグラフィ:演出作品/CM作品/出演リスト/作詞・作曲リスト/著作リスト
◎インターミッション
ピアノへの想い/ストップモーションの演出/大分植樹祭/その他の演出作、出演作など/大林家の血脈
◎私の好きな大林映画(掲載順)
内藤忠司/井口昇/今関あきよし/犬童一心/園子温/樋口尚文/窪塚俊介/手塚眞/三留まゆみ/高柳良一/宇多丸/谷口正晃/茂木健一郎/山戸結希/内藤誠/満島真之介/中川右介/行定勲/とり・みき/大森一樹/常盤貴子/桂千穂/椹木野衣/小中和哉/川本三郎/安藤紘平/小田桐昭/呉美保/森田直幸/原正人/森泉岳土/中森明夫/根岸吉太郎/秋吉久美子/山田洋次/山口剛/大林千茱萸

■書誌情報
大林宣彦 著
定価(本体3,200円+税)
仕様:A5判/760ページ
ISBN:978-4-8456-3541-2
商品情報ページ
URL: http://rittorsha.jp/items/20317401.html

【立東舎】
立東舎は料理、文芸、漫画ほか、さまざまな分野のポップカルチャーを紹介する出版活動を展開中。「料理の本棚」「乙女の本棚」などの好評シリーズのほか、手塚治虫、谷ゆき子らの幻の漫画の復刻などで感度の高い読者の話題を集めている出版ブランドです。
URL: http://rittorsha.jp/

【株式会社エムディエヌコーポレーション】
株式会社エムディエヌコーポレーション(MdN)は、デザインや各種表現の可能性とノウハウを伝える出版社です。1992年に創業し、デザインの考え方・学び方、PhotoshopやIllustratorを始めとするツールの使い方、Webと共に進化するテクノロジーの情報などを提供してきました。近年では、アニメーションや映像、ゲーム、芸能など、ビジュアル・カルチャー全般に渡るクリエイティブ情報にもテーマを広げ、デザインのおもしろさや魅力をさまざまな形でお届けしています。
URL: https://books.mdn.co.jp/

【インプレスグループ】
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。
URL: https://www.impressholdings.com/

以上
________________________________________

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エムディエヌコーポレーション
E-mail:info@MdN.co.jp
URL: https://books.mdn.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング