SDカーナビステーション Strada 2機種を発売

PR TIMES / 2019年9月4日 21時40分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3570/resize/d3442-3570-393515-0.jpg ]

パナソニック株式会社 オートモーティブ社(以下、パナソニック)は、ブルーレイプレーヤーを搭載したSDカーナビステーション「ストラーダ」RXシリーズ2機種を2019年11月上旬に発売します。

本シリーズは、市販カーナビでパナソニックだけ(※1)が実現している、ブルーレイプレーヤーを搭載した7V型AV一体型カーナビです。普段ご家庭で視聴しているブルーレイソフトやレコーダーで録りためた高画質映像を気軽にクルマに持ち込んで楽しめます。従来比(※2)で、モニターの輝度を1.3倍、コントラストを1.5倍に高め、さらに明るく美しいブルーレイ映像の視聴を可能としました。
また、前後2カメラドライブレコーダー(CA-DR03TD/別売)と連携し、安全・安心ドライブを支援。走行中やバック時にカーナビ画面で後方の映像を確認できるなど、あおり運転の不安にも対応しました。新たに都市高速の逆走検知にも対応。交通事故防止対策のカラー舗装や東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて変更された標識情報までリアルに反映した分かりやすい新地図を搭載しています。

パナソニックは、ブルーレイプレーヤー搭載モデルを10V型大画面と7V型のラインアップに充実し、安全・安心で快適なドライブをサポートします。

<特長>
1. パナソニック独自(※1)のブルーレイプレーヤー搭載モデル 7V型AV一体型カーナビ
・従来比(※2)輝度1.3倍、コントラスト1.5倍に高めたモニターでブルーレイ映像がさらに美しく
2. 前後2カメラドライブレコーダーと連携し、安全・安心ドライブを支援
3. 逆走の検知箇所の拡大やリアルでわかりやすい新地図で安心のナビゲーション

【品名】SDカーナビステーション
【品番】CN-RX06WD、CN-RX06D
【動画再生メディア】BD/DVD
【希望小売価格】オープン価格
【発売日】2019年11月上旬

※1 国内市販ルート向けカーナビとして。2019年8月30日現在、パナソニック調べ。
※2 パナソニック従来品2018年モデルCN-RX05D/WDと比較して。

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 オートモーティブ社 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-50-8729(受付時間 9:00~18:00 365日)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] SDカーナビステーション Strada 2機種を発売(2019年9月4日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/09/jn190904-2/jn190904-2.html

<関連情報>
・一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター 信号情報活用運転支援システム(TSPS) 対象路線情報
http://www.vics.or.jp/know/structure/beacon_map.html#tsps
・パナソニック スマホ連携機能『Drive P@ss』
https://panasonic.jp/car/navi/drivepass/com/index.html
・パナソニック カーナビ/カーAV 無料地図更新
https://panasonic.jp/car/navi/freemap/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング