「真田丸」で日本中を熱狂させた三谷幸喜の注目作の舞台「エノケソ一代記」 WOWOWで放送!

PR TIMES / 2017年3月8日 18時4分



2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で脚本を務めた三谷幸喜だが、その「真田丸」後初の舞台作品「エノケソ一代記」をWOWOWで放送をする。
[画像: https://prtimes.jp/i/1355/3609/resize/d1355-3609-348491-0.jpg ]

本作は昭和の喜劇王エノケンこと榎本健一になりすまし、全国巡業した喜劇役者エノケ“ソ”とその一座の物語。舞台となる昭和30年代はテレビが家庭に普及しておらず、エノケンの偽者が各地で出没した。このエノケソもそのひとりという設定。
エノケソを演じるのは2006年の三谷作・演出の舞台「PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』」に出演した歌舞伎俳優の市川猿之助。崇拝するがあまり常軌を逸してまでエノケンの苦悩を分かち合おうとする、一途な“偽者”を演じている。また、三谷作品の舞台の出演は2014年に再演された「国民の映画」以来となる吉田羊、2011年上演の「ベッジ・パードン」でひとり11役を演じ切るなど、三谷作品へ多数出演している浅野和之ら豪華キャストが集結。
さらに、三谷自身が24年ぶりに俳優として出演。「あえて筋トレはしないでいます。こんなにちゃんと稽古をして、セリフを覚えてやったのは、実は生まれて初めて。勉強になります。」と三谷は語る。また作品について「僕の中では特殊な作品ですが、とても面白いものができたと思いますし、愛着ある作品になりました。僕が出ているからって訳ではなく、時間も1時間50分と丁度よくなっておりますので、是非、皆さんご堪能ください」とも語った。
番組では、作品や出演者について語っている三谷へのインタビューも放送する。
市川猿之助、吉田羊、浅野和之らに加えて三谷本人も24年ぶりに役者として登場する「エノケソ一代記」。どんな笑いが巻き起こるのか、お見逃しなく!

3月11日(土)夜8:00 WOWOWライブ
三谷幸喜「エノケソ一代記」
詳しくは番組HP  http://www.wowow.co.jp/detail/110184
三谷へのインタビュー付プロモーション映像もご覧いただけます。

3月のステージラインナップはこちらから
http://www.wowow.co.jp/stage/#stage

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング