欧州・東アジアにおける標準必須特許(SEP)の執行と標準技術に関する知的財産権について全編英文による解説書が登場!

PR TIMES / 2021年2月26日 12時45分



 インプレスグループで理工学分野の専門書出版事業を手掛ける株式会社近代科学社は、2021年2月26日に、近代科学社Digitalレーベル(※)より、『Analysis of Enforcement of Intellectual Property Rights Related to Standard Technology in East Asia and Europe』(著者:竹内 誠也)を発行いたしました。

(※近代科学社Digitalとは : 近代科学社が著者とプロジェクト方式で協業する、デジタルを駆使したオンデマンド型の出版レーベルです、詳細はこちらもご覧ください  https://www.kindaikagaku.co.jp/news/20190228.html )

[画像: https://prtimes.jp/i/5875/3715/resize/d5875-3715-521919-0.jpg ]


●書誌情報
【書名】Analysis of Enforcement of Intellectual Property Rights Related to Standard Technology in East Asia and Europe
【著者】竹内 誠也
【仕様】B5判・並製・モノクロ・本文184頁
【印刷版基準価格】:3,000円(税抜)
【電子版基準価格】:2,400円(税抜)
【ISBN】978-4-7649- 6016-9  C3004
【商品URL】 https://nextpublishing.jp/isbn/9784764960169


●内容紹介
 本書は、『国際知的財産法概説 TRIPs特許・反競争』の著者による、国際的に大きな注目を集める東アジア各国(日本・韓国・中国)の「標準必須特許(Standard Essential Patents:SEP)」法政策を網羅した英文著作です。
 欧州において発展した当該法政策に係る不可欠施設法理の法令、ガイドラインと諸判例を紹介するとともに、欧州の同法理をもとに近時に独自発展のうえ国際紛争課題となりつつある日本・韓国・中国における「標準必須特許」法政策の現状と課題について法令、ガイドラインと諸判例の解説を行います。

※本書は全編英語で執筆されています。

●著者紹介
竹内 誠也(たけうち せいや)/Prof. Seiya S. Takeuchi (Esq.)
山口大学大学院 技術経営研究科 教授・弁理士
Japan Patent Attorney
Graduate School of Innovation and Technology Management, Yamaguchi University (National University of Yamaguchi)

B.A. in Economics, Keio University【Japan】(1996)
LL.B, Keio University【Japan】(1998)
LL.M, Graduate School of Law, Chuo University【Japan】(2003)
Research LL.M, Graduate Research Law Program, Law School, University of Edinburgh
【UK】(2012-13)
Graduate Presessional Program, University of Oxford 【UK】(2013)
Academic Visitor Scholar, Faculty of Law, University of Oxford 【UK】(2016-2020)
Academic Visitor Scholar, Faculty of Law, University College London 【UK】(2019)

IP Law Specialist, Law and IP Headquarters, Mitsubishi Electric Corporation 【Japan】(1998-2003)
Deputy-Senior Manager Patent Attorney, IP Law Department, IBM Japan Corporation【Japan】(2003-2015)
Professor, Graduate School of Innovation and Technology Management, Yamaguchi University【Japan】(2015- Present)
Registered Arbitrator/Mediator, IP Dispute Resolution Centre, WIPO【UN】(2019-Present)
Vice President of Chugoku District, Japan Patent Attorney Association 【Japan】(2020-Present)

●目次
Chapter 1 Introduction: Influence of the European Legal Analysis to East Asian Countries
Chapter 2 IP Enforcement: Situation of Japan
Chapter 3 Restriction of IP Enforcement: Situation in Europe
Chapter 4 SEP Enforcement :Samsung's SEP Cases in Japan and Europe
Chapter 5 SEP enforcement :Implication of Samsung's SEP Cases for East Asia
Chapter 6 Conclusion: ‘Regulatory Competition’ situation in East Asia

【近代科学社Digital】 https://www.kindaikagaku.co.jp/kdd/index.htm
近代科学社Digitalは、株式会社近代科学社が推進する21世紀型の理工系出版レーベルです。デジタルパワーを積極活用することで、オンデマンド型のスピーディで持続可能な出版モデルを提案します。

【株式会社 近代科学社】 https://www.kindaikagaku.co.jp/
株式会社近代科学社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井芹昌信)は、1959年創立。
数学・数理科学・情報科学・情報工学を基軸とする学術専門書や、理工学系の大学向け教科書等、理工学専門分野を広くカバーする出版事業を展開しています。自然科学の基礎的な知識に留まらず、その高度な活用が要求される現代のニーズに応えるべく、古典から最新の学際分野まで幅広く扱っています。また、主要学会・協会や著名研究機関と連携し、世界標準となる学問レベルを追求しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【お問い合わせ先】
株式会社近代科学社
TEL:03-3260-6161
電子メール: kdd-qa@kindaikagaku.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング