ARでシミュレーションした床材のカットサンプルが注文可能に 床材バーチャルコーディネイトアプリ「Flooring AR」がアップデート

PR TIMES / 2020年7月17日 15時40分



[画像1: https://prtimes.jp/i/3442/3877/resize/d3442-3877-783574-0.jpg ]

パナソニック株式会社 ハウジングシステム事業部(以下、パナソニック)は、AR(拡張現実)技術により、目の前の空間に好みの床材を貼ったイメージをシミュレーションできるスマートフォン・タブレット用アプリ「Flooring AR」を本日2020年7月17日にアップデートします。今回のアップデートでは、シミュレーションで気に入った床材のカットサンプルを注文できるサービスが追加され、自宅で床材がより検討しやすくなります。

当アプリケーションは住宅の新築やリフォームを検討いただいているお客様に、こだわりの部屋づくりをより手軽に検討いただけるよう、2018年12月に配信を開始。今回、新型コロナウイルス感染拡大への懸念から極力外出を避けたいが現物を確認したい、部屋の内装に合うか自宅で質感や色味を確認したいといった方々にも納得して床材を選定いただけるよう、本アップデートを実施します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3442/3877/resize/d3442-3877-373188-1.jpg ]

さらに、シミュレーションできる床材の種類も追加。現在対応しているアーキスペックシリーズ33柄に加え、既存の床材の上から貼るだけで簡単に施工でき、短工期で省コストなリフォームが可能な「1.5 mmWPBリフォームフロアー」8柄が追加されます。シミュレーションに対応する床材の種類は今後もアップデートを通じて随時増やしていく予定です。

パナソニックは今後も、「ENJOY YOUR ROOM」のコンセプトのもと、より多くの方に「自分らしいお部屋づくりの楽しみ」を発信していきます。

■床材のシミュレーションの仕方(マーカーレスの場合)
1. シミュレートする床材のタイプを選択
[画像3: https://prtimes.jp/i/3442/3877/resize/d3442-3877-340097-2.png ]

2. 床にカメラをかざしてお好みの色柄を選択
選択した床材を貼ったイメージが確認できます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/3442/3877/resize/d3442-3877-170442-3.jpg ]

3. 気に入ったコーディネイトを撮影して保存

4. 現物を確認したい床材のカットサンプルを「サンプルが欲しい」から注文
[画像5: https://prtimes.jp/i/3442/3877/resize/d3442-3877-427333-4.png ]

■使い方の詳細はこちら
https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/ar/howtouse.html

■アプリのダウンロードはこちら
iOS版
https://apps.apple.com/jp/app/flooring-ar/id1442469691
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.panasonic.jp.flooring_ar.android

【Flooring AR HP】
https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/ar/

【本アプリに関するお問い合わせ】
TEL:0120-878-709
パナソニック株式会社 ハウジングシステム事業 建築システムBU 営業戦略企画部

※ Flooring ARは無料アプリです。
※ Apple、Appleロゴは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※ AppStoreはApple Inc.のサービスマークです。
※ Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google LLC の商標です
※ アプリの動作環境は、Android 5以上およびiOS11以上、マーカーレス機能の動作環境はAndroid7以上およびiOS12以上を対象としております(2020年7月現在)。ご利用の端末や通信環境によっては、正常に動作しない場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ マーカーレスまたはマーカー対応については、米国 Apple 社および米国 Google社がそれぞれ提供する拡張現実のためのフレームワーク「ARKit」および「ARCore」に対応した端末でのみご利用いただけます。対応していない端末については、マニュアル操作でご利用いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング