1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

今話題の新しいパソコン「Chromebook」の解説書が「できるシリーズ」からついに登場!『できるChromebook 新しいGoogleのパソコンを使いこなす本』7月28日(水)発売

PR TIMES / 2021年7月28日 14時15分

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、Windows、Macに続く新勢力として大幅にシェアを拡大しているGoogleのパソコン「Chromebook」の解説書『できるChromebook 新しいGoogleのパソコンを使いこなす本』を2021年7月28日(水)に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/3971/resize/d5875-3971-48cd77fcedcfbb76d5b8-0.jpg ]


■Googleの新型パソコン「Chromebook」の基本を豊富な画面とイラストで学べる
リモートワークやビデオ会議の実施など、新しいワークスタイルが推奨されています。Chromebookは起動が速く省電力なうえ、クラウドを使ったデータなどの共有が容易なこと、他のパソコンと比べて価格も手頃なことから新しいワークスタイルに適したパソコンとして人気を集めています。

ChromebookにはWindowsでもmacOSでもない「Chrome OS」が搭載されており、強固なセキュリティ機能を備えています。Chrome OSはGoogleのアカウントがあればすぐに使うことができ、パソコン本体にデータを残さないことから学習用のパソコンとしても人気があり、生徒一人ひとりに専用のパソコンを与える「GIGAスクール構想」でも大きくシェアを拡大しました。

本書はChromebookを初めて使う人に向けて初期設定からGoogleアプリの使いこなしまで、基本はもちろん実用的な使い方まで解説。また、主要なビデオ会議アプリの「Zoom」「Teams」「Meet」の使い方や、Microsoft Officeの導入方法なども順を追って紹介しているので、パソコンに不慣れな人でもしっかりと学ぶことができます。

■基本操作やビデオ会議ツールの選び方を丁寧に解説
WindowsやMacとは異なるChromebookの操作方法を、実際の画面を掲載しながら順序立てて解説。Chrome OSを使うために必要なアカウントの設定方法や、独自キーボードの使い方、タッチパッドの操作方法など、Chromebookを初めて使う人でも迷わないように丁寧に紹介しています。また、リモートワークに欠かせないビデオ会議ツール「Meet」「Zoom」「Teams」のChromebookでの使い方を網羅。ブラウザーでの使用、Chromeアプリ、Google Playストアのアプリの中からそれぞれのツールに最適なものを掲載し、詳しい操作方法にも触れています。

■Microsoft Officeのライセンスに応じた使い方も掲載
ビジネスツールとして欠かせない「Microsoft Office」をChromebookで使う方法も解説。無償で使えるWeb版と、Microsoft 365のアカウントで使えるアプリ版のそれぞれについて、ライセンスの有無を含めた導入方法と使い方、ファイルの共有方法などを丁寧に紹介しています。

■困ったときの疑問に答えるQ&A集も収録
Chromebookを使っていて困ったときに役立つQ&A集や、用途に応じてまとめたショートカットキー一覧、複数のアカウントを管理する方法など、一歩進んだ活用方法も収録しました。Chromebookをより効率的に使うためのヒントが満載されています。

■紙面イメージ

[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/3971/resize/d5875-3971-f7cf965220d1eed7e1ad-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/3971/resize/d5875-3971-57c3242de53ed08e7276-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/3971/resize/d5875-3971-f0780398cff449e20849-3.jpg ]

<本書はこんな人におすすめです>


Chromebookの導入を検討している方
Chromebookをもっと使いこなしたい方
2台目のパソコンとして仕事やプライベートに活用したい方
家族でChromebookを共有したい方


■書誌情報

[画像5: https://prtimes.jp/i/5875/3971/resize/d5875-3971-48cd77fcedcfbb76d5b8-0.jpg ]

書名:できるChromebook 新しいGoogleのパソコンを使いこなす本
著者:法林岳之・清水理史&できるシリーズ編集部
定価:1,650円(本体 1,500円+税10%)
電子版価格:1,650円(本体 1,500円+税10%)※インプレス直販価格
発売日:2021年7月28日(水)
ページ数:192ページ
ISBN: 978-4-295-01169-9
◇Amazonの書籍情報ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/429501169X/
◇書誌情報: https://book.impress.co.jp/books/1120101180
◇書影ダウンロード: https://dekiru.net/press/501169.jpg

■目次
第1章 Chromebookの基本を知ろう
第2章 Chromebookを使えるようにしよう
第3章 Chromebookの操作をマスターしよう
第4章 Googleアプリを使おう
第5章 ビデオ会議に参加しよう
第6章 Microsoft Officeを活用しよう
第7章 Chromebookを活用しよう

■著者プロフィール
法林岳之(ほうりんたかゆき)
1963年神奈川県出身。パソコンのビギナー向け解説記事からハードウェアのレビューまで、幅広いジャンルを手がけるフリーランスライター。「ケータイ Watch」などで連載中。

清水理史(しみずまさし)
1971年東京都出身のフリーランスライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆。「INTERNET Watch」にて「イニシャルB」を連載中。

■できるシリーズについて
https://dekiru.net
「できる」シリーズは、画面写真をふんだんに使い、操作の流れを紙面に再現した入門書の元祖です。操作に必要な「すべての画面」と「すべての手順」を紙面に掲載しているので、パソコンやインターネットの操作に不慣れな方でも簡単に操作や知識を身に付けられます。楽しみながら操作を学べるように、各レッスンにストーリー性を持たせ、章ごとに知識が身に付く構成になっています。おかげさまで「できる」シリーズは、刊行開始から25周年を迎え、シリーズ累計7,500万部を突破しました。

以上

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watchシリーズ」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング