パナソニックセンター東京が、コンテストでの「投稿=SDGsアクション」の数に応じて持続可能な社会づくりを担う人材を育成するJEEFに寄付

PR TIMES / 2021年2月15日 17時45分



[画像: https://prtimes.jp/i/3442/4102/resize/d3442-4102-752780-0.png ]

パナソニックセンター東京(所在地:東京都江東区有明3-5-1、以下PC東京)は、参加者のソウゾウ(想像・創造)したやさしさをSNSに投稿すると、その数に応じた金額を寄付するコンテスト「ソウゾウするやさしい展(2020年11月3日~12月27日)」を開催しました。コンテストでは、1,000投稿分(最大100万円)の寄付を目指していましたが、合計11,793件の投稿がありました。PC東京は、目標としていた寄付金額を、2021年2月15日に持続可能な社会づくりを担う人材を育成する団体「公益社団法人 日本環境教育フォーラム(以下JEEF:ジーフ)」へ寄付をいたしました。

JEEF:ジーフの『体験と対話を重視した環境教育』によって、「自ら課題を見つけ、学び、考えて行動できる人材」の育成を目指す″という考え方と、PC東京のSDGsの理解促進だけではなくアクションにつながるような施策を、次代を担う若年層とともに企画する取り組みとが共通していることから、寄付先として選定いたしました。

【JEEF:ジーフ様からのコメント】
かけがえのないこの地球で、次の世代も心豊かに、笑顔で暮らしていけるように、今回いただいた寄付金を大切に活用させていただき、子どもや大人も「ソウゾウ」する企画を実施したいと考えております。
https://www.jeef.or.jp/

また「ソウゾウするやさしい展」の締めくくりとして、「やさしい大喜利」「やさしい物語」「やさしさのカタチ」の3つのコンテストの投稿作品と、みなさまからの投稿作品から見えてきた「想像力さえあれば、いつ、どんな時でもやさしさは創造される」というメッセージを1枚絵で表現しているクロージングサイトを開設いたしました。

【ソウゾウするやさしい展クロージングサイト】
https://awrd.com/sozo-yasashii/

【コンテストの入賞作品】
●やさしい大喜利(投稿数1,381件)
https://awrd.com/sozo-yasashii/twitter.html
●やさしい物語(投稿数10,340件)
https://note.com/info/n/ne1ed96c54a5a?magazine_key=m74af895e728f
●やさしさのカタチ(投稿数72件)
https://awrd.com/award/sozo-yasashii/result

今後もPC東京では、『ソウゾウリョクが世界を変える』をキーワードに、持続可能な開発目標(SDGs)の達成や社会貢献を目指す企画やイベントを推進して参ります。

【報道関係者様 お問い合わせ先】
パナソニックセンター東京
代表電話番号:03-3599-2600
受付:火曜日~日曜日 10時00分~17時00分

<関連情報>
・パナソニックセンター東京ホームページ
https://panasonic.com/jp/center-tokyo/
・パナソニックセンター東京「くらしを楽しもう」
https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-tokyo/funathome.html
・パナソニックにおけるSDGsへの取り組み
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/sdgs.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング