【Nulbarich】グループ初となる日本武道館ワンマン公演のWOWOW放送に先駆け、JQさんのインタビューをオフィシャルサイトにて全文公開!!

PR TIMES / 2018年12月11日 17時40分

「Nulbarich ONE MAN LIVE at 日本武道館 -The Party is Over-」12月27日(木)よる9:30~ WOWOWライブ

https://www.wowow.co.jp/nulbarich/




[画像1: https://prtimes.jp/i/1355/4697/resize/d1355-4697-820541-0.jpg ]

2016年に結成され、軽やかで洗練された音楽性が世代を問わず支持されているバンドNulbarich(ナルバリッチ)。彼らは「シンガー・ソングライターJQがプロデュースするバンド」というコンセプトのもと、JQが影響を受けたというファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドで人気・実力ともに急成長を遂げているバンドだ。
その豊かな音楽性は、日本の有名企業の商品CMにも起用されるほどで、2018年春に行なわれた全国ツアーも全会場をソールド・アウトさせ、引っ張りだことなったさまざまな音楽フェスでも強烈な印象を残してきた。番組は2018年11月2日、彼らの日本武道館ワンマンライブの模様をお届けする。
そしてWOWOWでは番組放送に先駆けて、JQにインタビューを行った。武道館ワンマン公演を終えた今の気持ち、今後の想いなどここでしか聞けない話が盛りだくさんだ。インタビューの全容は番組オフィシャルサイトで公開中!!12月の放送と合わせてぜひチェックしてほしい。
[画像2: https://prtimes.jp/i/1355/4697/resize/d1355-4697-585581-1.jpg ]

──新木場Studio Coastのワンマンで、武道館公演の発表をした時はどんな気持ちでしたか?
JQ:感慨深いものがありました。一昨年の9月、Jamiroquaiの来日公演のサポートアクトとして日本武道館のステージに立たせてもらった時は、すごく嬉しかったのと同時に「いつかこのステージで、自分たちのワンマンをやりたい」という気持ちがすごく強くなって。その1年後に夢が叶ったわけですけど、まさか自分の口から「僕ら、武道館でやります」なんて言葉が出るとは思ってもみなかったです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/1355/4697/resize/d1355-4697-282423-3.jpg ]

──今回、Nulbarichのメンバー9人がステージに立ったことで、「トリプルギター」という編成になっていたのも印象的でした。
JQ:いやあ、めっちゃ大変だったっす(笑)。前回はツインギターだったのが、今回もう一人増えたことで、バンドからオーケストラになったような感じでした。5人編成でやっていた初期のライブよりも、より緻密な演奏や「隙間の美学」が要求されるというか。全員が勝手に演奏したら、アンサンブルが一気に崩れてしまうじゃないですか。そこを揃えるまで時間がかかりましたね。
続きは、番組オフィシャルサイトで公開中 ⇒  https://www.wowow.co.jp/nulbarich/
インタビュアー兼ライター:黒田 隆憲
撮影:福岡 諒祠
[画像4: https://prtimes.jp/i/1355/4697/resize/d1355-4697-420485-2.jpg ]

【番組情報】
Nulbarich ONE MAN LIVE at 日本武道館 -The Party is Over-
12月27日(木)よる9:30~ WOWOWライブで放送

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング