ECサイト・エビテン[ebten]にて「武装神姫」×「メガミデバイス」プラモデル「猟兵型エーデルワイス」を限定特典付きで予約受付スタート!

PR TIMES / 2018年8月23日 23時1分

新作ゲーム「武装神姫」メガミデバイス仕様プラモデル、コラボ第1弾は島田フミカネのデザインによる「エーデルワイス」!

新作ゲーム「武装神姫」メガミデバイス仕様プラモデル、コラボ第1弾は島田フミカネのデザインによる「エーデルワイス」!
ECサイト・エビテン[ebten]にて限定特典付きで予約受付スタート!



 このたび、株式会社KADOKAWAでは、「武装神姫」×「メガミデバイス」プラモデル「猟兵型エーデルワイス」を、ECサイト「エビテン[ebten]」内「Newtype Anime Market」にて限定特典付きで予約受付開始いたしました。

http://ebten.jp/newtype/

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/4908/resize/d7006-4908-827416-3.jpg ]

「武装神姫」×「メガミデバイス」 プラモデル「猟兵型エーデルワイス」(限定特典付き)
6,800円(税抜)
2019年1月発売

全高:約135mm(台座含む、1/1スケール)
原型製作:浅井真紀、福元徳宝、株式会社ユニテック
パッケージサイズ(予定):幅310×奥行き190×高さ100mm
対象年齢:15歳以上
企画・制作・発売:株式会社 壽屋
※発売日以降のお届けの場合があります
※1回のご注文で7,000円(税込)以上、お買い上げ頂くと送料無料(つまり送料無料!)
[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/4908/resize/d7006-4908-528952-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/4908/resize/d7006-4908-980593-4.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/4908/resize/d7006-4908-139185-0.jpg ]


【限定特典】
●特別カラー髪の毛パーツ&タンポ無し顔パーツ

[画像5: https://prtimes.jp/i/7006/4908/resize/d7006-4908-650738-1.jpg ]

クリアー成形髪の毛パーツ
完全なクリアーではなく程よい透け感のある成形

タンポ無し顔パーツ一式
塗装派にはうれしいタンポ・塗装無し顔パーツ3種セット

※数量限定のため無くなり次第終了いたします。


【商品紹介】
新作ゲーム「武装神姫」と「メガミデバイス」のコラボレーション! 未だ謎のベールに包まれている新作ゲーム「武装神姫」のキャラクターがメガミデバイス仕様でプラモデルに登場。
コラボレーション第1弾はメインキャラクターの1人である「猟兵型エーデルワイス」。デザイナーは島田フミカネが担当!
「メガミデバイス」は可動美少女素体にウェポンやアーマーを装着して楽しむ組み立て式プラモデルシリーズ。素体は浅井真紀による“マシニーカ”を採用!

【付属品/ギミック】

[画像6: https://prtimes.jp/i/7006/4908/resize/d7006-4908-426744-2.jpg ]

・メガミデバイス基準のパーツ構成、ジョイントギミックで、既存のメガミデバイスと多くのパーツを差し替えて遊ぶことができる。
・3種の塗装済み表情パーツが付属。
・専用武装を装備した「武装モード」と、武装を脱いだ「素体モード」をパーツ差し替えで再現できる。
・ライフル、剣、リアアームなど、多彩な武具が付属。色々なコンバットシーンを想定して遊ぶことができる。
・新素体“マシニーカ”の驚異の可動範囲で、武器構えポーズや座りポーズが自然にキマる。
・各部に配置された3mm径の穴により既存M.S.Gシリーズ、フレームアームズ、フレームアームズ・ガール シリーズ、ヘキサギアシリーズの武装と併用が可能。
・瞳、マーキングなどのデカールが付属。

【メガミデバイスとは】
全高14cmの自立型フィギュアロボ(可動美少女素体)にウェポンやアーマーを装備して、改造して、戦わせる、“近未来のバトルホビー”を想定したプラモデルシリーズ。
可動フィギュアの第一人者・浅井真紀による新設計素体“マシニーカ”をコアとし、キャラクター&メカニックを様々なデザイナーが手掛けている。
成型色は色分けがされ、顔はタンポ印刷で塗装済み、組み立てただけでイメージに近い仕上がりに。 3mm径のジョイント穴の採用で、シリーズ内でのパーツ互換性はもちろんのこと、すでに発売済みのコトブキヤプラモデルパーツの多くと組み合わせて遊ぶことができる。


(C)Konami Digital Entertainment (C)KOTOBUKIYA・RAMPAGE (C)Masaki Apsy

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング