メジャー5大会を締めくくる最終戦「全英AIG女子オープン」ついに開幕!期待のメンバーで臨む日本勢にWOWOWが独占インタビュー!!

PR TIMES / 2019年8月2日 21時40分



メジャー5大会の最終戦。2001年からデュモーリエ・クラシックの代わりにメジャー大会に昇格した。7月にフランスで開催されたエビアン・チャンピオンシップと並び、アメリカ国外で開催されるメジャー2大会の中の1つ。会場となるウォーバーンGCは2000年にオープンした林間コース。リンクスコースで開催される例年とは趣の違う大会となりそうだ。
昨年は地元のジョージア・ホールが優勝し大きな盛り上がりを見せただけに、連覇を期待する声も多い。日本勢は畑岡奈紗をはじめとする米ツアー組のほか、国内ツアーからは鈴木愛や上田桃子、さらに今季2勝の渋野日向子や前週のメジャーでローアマを獲得した安田祐香といった新鋭も加えた期待値の高いメンバーたちが多数参戦。
2週連続メジャーの2週目にして、メジャー5大会を締めくくる最終戦となる本大会。大一番を前にした日本勢にWOWOWが独占インタビューを行った。

[画像1: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-212564-0.jpg ]

■畑岡奈紗
Q.今週、プロアマが2日間ありましたが、どのような練習スケジュールでしたか?
「月曜日に18ホール回って、(火曜日に)9ホール回って、今日また18ホール回って、コースは充分に見れたと思います。」

Q.2回目の全英女子オープンですが、コースの印象はどうですか?
「全英の印象とは全く違って、アメリカっぽいコースで、自分向きかなと思っています。」

Q.キーホールは考えていますか?
「特にここというホールは無いですが、7番はフェアウェイが二股に分かれていて、すごく面白いなと思います。」

Q.(二股は)通常どちらを攻めていくのですか?
「通常は左ですが、フォローの風が強ければ、右から行った方が少し距離が近くなって、もしかしたら2オンできるかもと思っています。」

Q.今週、課題は考えていますか?
「課題はアイアンショットかなと思います。ティーショットは多少曲がってもラフもそれほど長くないので、アイアンでどんどんピンを責めていけば、チャンスを作れると思っています。」

Q.今年最後のメジャー大会ですが、意気込みを聞かせてください。
「調子は先週より少し上がったと思うので、自分らしいプレーで頑張りたいと思います。」

[画像2: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-862955-1.jpg ]

■鈴木愛
Q.天気もコースもガラッと変わりましたが、コースの印象からお願いします。
「前回来た時より、フェアウェイもグリーンも柔らかい感じはします。当時来た時は、こんなに風は無かった気がします。風に流されるホールと流されないホールとがあります。見た目はホール間ではあまりわからないですが、左からとか右からとか結構(風が)吹くように感じます。でも全く流されないホールもあるので、その辺をしっかり覚えておいて、試合で有効にできたらと思います。」

Q.距離感とかも凄く神経を使う戦いになりますか?
「そうですね、グリーン上もアゲインストに感じるのですが、意外に(風が吹いて)無かったり、意外に上げていたりというのは、本当にホールによって全然違うので、今日ちょっとまたおさらいします。」

Q.グリーンに関しては、先週は本当にひと転がりの芝目がありましたけど、今週はいかがですか?
「今週は目は無いのですが、海外のグリーンなのでちょっとクセはあるかなと思います。読み切って同じラインに乗っても入ったり入らなかったりというのがあるので、ちょっとイライラすると思います。自分の流れを待って、そのタイミングで入った時にトントントンといけるような形にしていければ良いかなと思うので、それまではちょっと抑えて頑張ります。」

Q.先週はそのイライラした中でも3連続バーディで予選通過しましたが、ゴルフの調子はいかがですか?
「先週は本当にショットが良かったので、あとはパッティングだけという感じでした。今週は、昨日3時間パターを練習したので結構良くなったかなと思っているのですが、次はちょっとショットがイマイチな感じがするので、またコースに出れば変わってくるかなとは思います。また、(強い選手とのペアリングで)良い組み合わせになってしまったので置いて行かれないように頑張ります。」

Q.なかなか海外のメジャーで成績が出せなくて悔しいという話をされていましたが、ここに関してはどうですか?
「そうですね、前回もこのコースでの全英には出ていて、印象の変わるホールはほとんど無かったので、当時のイメージのままという感じですけど、やっぱり風とグリーンには注意が必要かなと思います。特にアンジュレーションのあるグリーンが多いので、乗せる所とか、入りやすいラインというのがあると思うので、しっかりその辺りに付けていきたいなと思います。」

Q今週もロンドンまで行けばたくさんお買いものするところもありますが。
「先週はあまり稼げなかったので、ちょっと買い物はお休みします(笑)」

Q.今週の意気込みをお願いします。
「先週は予選を通過しただけだったので、今週はしっかり上位に入れるように頑張りたいと思います。」

[画像3: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-304640-2.jpg ]

■比嘉真美子
Q.去年はこの大会で優勝争いをされましたが、今年のコースの印象はいかがですか?
「ブリティッシュ・オープンに来たという感覚があまりないです。」

Q.比嘉選手から見て、このコースをどう説明しますか?
「全英とかリンクスというイメージからかけ離れていて、どちらかと言うと全米女子オープンに近いようなコースです。木でセパレートされていて、アップダウンもなく、個人的な意見ですけれど、イギリスのコースというよりは日本のコースに近いという印象があります。」

Q.グリーンはいかがですか?
「傾斜は勿論ありますけど、その傾斜もすごくシンプルなので、ラインが読めないというような感じではないです。」

Q.先週は自分のゴルフは悪くないけれど結果に繋がらなかったとお話しされていましたが、今はいかがですか?
「先週より調子も少しずつ良くなっているのかな、と感じています。この風、雨、寒さにどう自分の身体が対応していけるのかというところを、しっかり対策をとってやっていけたらと思います。コンディションも悪くないと思いますし、天気が悪くてもこのコースはスコアを伸ばさないと上にはいけないと思うので、いかにバーディチャンスを作って、良い流れでバーディをとっていけるかというところがキーになってくると思います。」

Q.どんなショットが必要になってきますか?
「天気によりけりですけれど、天気が悪くなければハイボールが必要になってくると思いますし、天気が悪ければ風とどう向き合って自分のショットのイメージを作っていけるかというような感じなので、とにかくたくさんバーディを取らなくてはいけない、という感じです。」

Q.伸ばし合いになりそうですか?
「そういう印象があります。前回3年前にここでアリヤ(ジュタヌガーン)選手が勝ったと思いますが、その時も結構アンダーが出ていたみたいです。私のイメージと前回の大会のスコアを見るとリンクしている部分があったので、やはりバーディを狙っていかないといけないという印象があります。」

Q.キーホールはどのあたりになりますか?
「ティーショットをしっかりフェアウェイに置くことが大事になってくると思いますが、レイアップの距離感や、パー5はターゲットを考えながら打たなくてはならないので、そこを入念にコースマネジメントができればバーディチャンスも作れると思います。ただのレイアップではなくてバーディに繋がるレイアップを考えながらやっていきたいなと思います。」

Q.今大会にむけて一言お願いします。
「今季海外メジャー4試合目になりますが、良い試合もあり、そうでもない試合もあり、学ぶことのたくさんあった先週までの3試合だったので、今年は最後になりますが、その経験を踏まえて、どう自分のプレーであったり、自分を表現できるかというところをテーマにしてプレーしたいと思います。この試合を勉強にできれば、とかではなく、戦いに来ているので、1打でも少なく、1つでも上に、という気持ちで最後まで頑張っていこうと思います。」

[画像4: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-947368-3.jpg ]

■渋野日向子
Q.いつこちらに入られましたか?
「先週の木曜日です。」

Q.ラウンドはどのくらいされましたか?
「月曜日にワンラウンドして、昨日は回らなくて、今日ハーフラウンドを周る予定です。」

Q.海外の公式トーナメントは初めてとお聞きしていますが、どんな気持ちですか?
「特に緊張もなく、いつもの日本のツアーと同じような感じだと今は思っています。」

Q.大会の雰囲気とかは日本と違いますか?
「結構、自由な感じだなと思いました。」

Q.実際にコースを周ってみて、どんな印象ですか?
「全英と言えばリンクスのイメージがすごくあったのですか、どちらかと言うと、今回のコースは日本的だなと思ったので、やりやすい方なのかと思いました。」

Q.手応えは感じますか?
「リンクスだったら完全に予選落ちなのですけど(笑)、もしかしたら通るかなと思います。」

Q.この大会に向けて、技術的な面で特に準備してきたことはありますか?
「特にはないですね。いつものように、いつもの練習をしたという感じです。芝生の対策とかも特にはしていないのですが、グリーン周りのアプローチは結構チェックしました。」

Q.海外の選手と戦うということになりますが、こういう選手と戦いたいとか、会ってみたい、プレーしてみたいという選手はいますか?
「やっぱり世界ランキング上位の方とは会ってみたいなと思っていたので、今回、ミンジ・リーさんと回れるということで楽しみです。」

Q.ご自身で今の目標をどのように設定しているか教えてもらえますか?
「最低でも予選通過はしたいと思っています。」

Q.ここで結果を出して、またさらにランキングを上げてオリンピックまでという目標も見えてくると思いますが、それについては?
「そうですね、オリンピックは考えていて、この大会は大事になると思うので頑張りたいと思います。」

Q.日本のファンの方に向けて意気込みをお願いします。
「明日になりましたけど、いつものように笑顔で攻めてプレーをするので、応援よろしくお願いします!」

Q.今季2勝して、自身のゴルフの中で一番勝ちに繋がった部分はどういった部分ですか?
「去年と違うところは、やはりパッティングが数値的にもよくなっている部分はありますし、ボギーのあとにバーディを取る確率もかなり上がっていて、連続ボギーというものも少なくなっているので、気持ちの切り替えに関しても変わってきていると思います。ショットのブレも少なくなってきている部分もやっぱり勝ちに繋がってきていると思います。」

Q.全体を通してうまく噛み合ってきているということでしょうか?
「そうですね、今年は調子が良い方なので、噛み合っているとは思います!」

[画像5: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-845211-4.jpg ]

■上田桃子
Q.2016年以来のアメリカツアーです。今の気持ちはどうですか?
「久しぶりな選手といっぱい会えてワクワクしています。」

Q.みんなと「久しぶりだね」と声をかけるシーンを見かけました。
「選手だけでなくキャディさんとも久しぶりに会えて、ここでやってたんだなぁ、という感じです。」

Q.今楽しみな気持ちですか?
「ワクワクしています。」

Q.このコースに入ってみてどんな感じですか?
「3年前も感じたのですが、本当に日本っぽいというか、結構フェアウェイが狭くてドローヒッターが打ちやすいホールがたくさんあり、グリーンはアンジュレーションがたくさんあるので、やっぱりフェアウェイから打ちたいなという気持ちです。」

Q.スコアが出るのでは?
「グリーン次第ですかね。練習ラウンドをした感じでは、グリーンが柔らかかったので、柔らかければスコアは出ると思いますけど、今日みたいに風が強いと耐えないといけないと思うので、メリハリがすごく大事です。」

Q.全英AIG女子オープンと言えばどんなイメージをお持ちですか?
「単純に好きというイメージしかないです。」

Q.海外メジャーでも特にこの試合が好きという理由は?
「日本の選手は空中戦より地上戦の方が向いているのではと思うんですけど、ここは全英の中でもあまり地上戦にはならないコースで、パワーも高さも必要なので、一見、日本の選手は球を止めるのは難しいのですが、コースが日本っぽいというところで日本の選手は回りやすいと思います。普段の全英とはちょっと違いますが、それでもやはり日本の選手は比較的全米オープンよりはチャンスがある気がします。」

Q.過去にLPGAツアーを経験したことがあって、日本帰国してまたさらに成長があって、再チャレンジできるということについては?
「改めてゴルフの素晴らしい所を感じているというか、若くて勢いのある時もゴルフは楽しかったですけれど、なかなか調子があがらず苦しい中でこうやってまたカムバックしてこれたことに、また違う楽しみを感じてます。やっぱりゴルフって長くできるので、パワープレーだけでなく色々な要素を少しずつクリアしてきたことで、ここに帰ってこれたのかなと思います。」

Q.その中で目標設定はどの辺りですか?
「まずはリーダーボードに名前を載せて帰りたい、ということと、オリンピックに出るためにもメジャーで上位で戦うことはすごく大事だと思っているので、優勝争いしたいなっていうのは強く思っています。」

Q.そのオリンピックに向けてなのですが、今どのようなことを考えていますか?
「出たいからこそ、逆にそこは考えないというか、その為に何をするかという所にしっかり集中していかないといけないなと思っています。」

Q.久しぶりの上田桃子選手の戦い、楽しみにしています。
「少しでも成長した所を見せられるように、頑張りたいと思います。」

[画像6: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-764026-5.jpg ]

■勝みなみ
Q.時差はどうですか?
「時差は今のところ大丈夫そうです。」

Q.体調も万全?
「はい。」

Q.全米女子オープンに続いて、海外メジャー2戦目ですが、何か変えてきたところや、挑戦してみたいことを教えてください。
「日本が暖かかったので、シャフトをSシャフトにしていたのですが、今回、10.5度のドライバーを使おうと思って、シャフトもSRにしようかと思っています。」

Q.それは風への対応?それとも気温への対応?
「気温が日本よりも全然低いので、シャフトのしなりも変わってくると感じたので、(日本から)持ってきて、試してみたらすごく良かったので、そっちでやってみようと思っています。」

Q.コースの印象はどうですか?
「基本的にはまっすぐなコースで、日本と似たコースだと思いますが、グリーンの傾斜は日本には無い傾斜がたくさんあるので、グリーン周りが勝負だと思います。」

Q.キーホールはありますか?
「ショートホール(の距離)が長いところがあるので、そこを気を付けたいです。」

Q.意気込みを聞かせてください。
「今年1年の目標が、笑顔で楽しく回る事なので、この試合も笑顔で楽しく頑張りたいと思います。」

[画像7: https://prtimes.jp/i/1355/5040/resize/d1355-5040-369121-6.jpg ]

■安田祐香
Q.先週、初メジャーで、ローアマを取りましたが、何か掴んだことはありますか?
「一番は、自信になりました。でも、世界のトップ選手とはパターが一番違うと思いました。」

Q.それが、次に活かす課題ですか?
「今週はそれほど実践は出来ないですが、帰ってからいろいろ試したり、練習したりしたいです。」

Q.2週続けてのメジャーになりますが、疲れなどはありますか?
「疲れは特にないです。」

Q.コースの印象を聞かせてください。
「日本に似たコースで、木が高くて、風が吹いたら流されたりして、難しいと思いますが、周りやすい感じです」

Q.キーホールは考えていますか?
「後半のラスト5ホールが難しいと思ったので、そこで耐えるプレーをして、前半でバーディを取れれば良いと思います」

Q.先週、ローカルのキャディを使って、いろいろ教えてもらったと思いますが、今週はどんなキャディ?
「3年前のこの大会で、パク・ソンヒョン選手のキャディをした方で、すごい方だと思いますし、コースも良く教えてくれるので、周りやすいです。」

Q.この大会に向けての意気込みを聞かせてください。
「先週に続いて、ショットでバーディを取って、まずは予選通過を目指して頑張りたいです。」


◆◆◆WOWOW LPGA 放送スケジュール◆◆◆
<メジャー最終戦!/イングランド>全英AIG女子オープン
【放送情報】
第1日<前半> 8/1(木)よる7:00[WOWOWプライム](※無料放送)
第1日<後半> 8/1(木)よる10:00[WOWOWライブ](※無料放送)
第2日<前半> 8/2(金)よる7:00[WOWOWライブ]
第2日<後半> 8/2(金)よる10:00[WOWOWライブ]
第3日<前半> 8/3(土)よる8:00[WOWOWライブ]
第3日<後半> 8/3(土)よる11:00[WOWOWライブ]
最終日<前半> 8/4(日)よる8:00[WOWOWライブ]
最終日<後半> 8/4(日)よる11:00[WOWOWライブ]
★連日生中継!★WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信!

【出場注目選手】
畑岡奈紗、鈴木愛、比嘉真美子、勝みなみ、上田桃子、渋野日向子、安田祐香、上原彩子、横峯さくら、パク・ソンヒョン、コ・ジンヨン、レクシー・トンプソン、ミンジ・リー、ブルック・ヘンダーソン

【解説/実況】
第1日<前半> 服部道子、野瀬正夫
第1日<後半> 田中泰二郎、林正浩
第2日<前半> 田中泰二郎、林正浩
第2日<後半> 田中泰二郎、林正浩
第3日<前半> 田中泰二郎、林正浩
第3日<後半> 服部道子、野瀬正夫
最終日<前半> 田中泰二郎、林正浩
最終日<後半> 服部道子、野瀬正夫
現地リポーター:平瀬真由美

【第23戦/スコットランド】アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン
【放送情報】
第1日 8/8(木)深夜0:30[WOWOWライブ]
第2日 8/9(金)深夜0:30[WOWOWライブ]
第3日 8/10(土)よる10:30[WOWOWライブ]
最終日 8/11(日・祝)よる9:30[WOWOWライブ]
★連日生中継!★WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信!

その日のハイライトやスーパーショットなどを全日程お届けしている番組「LPGAデイリーゴルフニュース」を始め、選手のプライベートに迫るコーナー「Tee Up & Tea Time」、トップ選手たちの情報を分かりやすくお届けする「LPGA Player’s Guide」、そしてゴルフプレーヤーの役に立つ、解説者による「SWING CHECK」など、LPGA女子ゴルフツアーをより一層お楽しみいただける、ゴルフファン必見の企画を多数お届け!
WOWOWオンライン( https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/)「LPGA女子ゴルフツアー公式サイト」、新情報は「WOWOWゴルフ 公式ツイッターアカウント」 @wowowgolfでチェック!
日本のエース・畑岡奈紗の最新情報は、畑岡奈紗特設サイトでチェック!「畑岡奈紗 WOWOW」で検索!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング