9年ぶりの東京ドーム公演で4万5,000人を熱狂させた19年目の到達点。「UVERworld UNSER TOUR at TOKYO DOME」いよいよWOWOWで3/22(日)放送!

PR TIMES / 2020年3月20日 12時55分

3月22日(日)夜8:00 WOWOWライブ

https://www.wowow.co.jp/uw/



[画像1: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-251258-10.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-413795-8.jpg ]

 「19年目にしていちばん素敵な夜になったよ、ありがとう!」。ライブ終盤、東京ドームを埋め尽くす4万5,000人のオーディエンスに囲まれて、TAKUYA∞(Vo)は晴れやかな表情で叫んだ。UVERworldの9年ぶりとなる東京ドーム公演初日は、最新アルバム『UNSER』からの楽曲を始め、結成20周年を目前に控える彼らのヒストリーを網羅するように代表曲の数々が惜しげもなく披露された。巨大なステージは様々な光で彩られ、ときに炎が激しく吹き上がるドームならではの迫力の演出は圧巻だったが、中盤にはメンバーがサブステージへと移動し、お客さんと近い距離で演奏を楽しむ瞬間も。バンドの過去と今、ドームを震撼させるロックスターとしての貫禄と、深い絆で結ばれたメンバーの人間性。そんなバンドのすべてを賭けた19年目の到達点だった。
[画像3: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-738425-3.jpg ]

 開演前から、異様なほどの期待感と熱気に包まれた会場。ワイドなスクリーンにカウントダウンが映し出されると、爆発音とともにメンバーがステージに登場した。重厚感と疾走感を兼ね備えた真太郎(Dr)のドラムに、誠果(Sax)のサックスが鳴り響き、「Touch off」「WE ARE GO」を皮切りに、会場は特大のシンガロングが巻き起こる。「最高の世界に連れていくよ!」(TAKUYA∞)。克哉(Gt)と彰(Gt)が絶妙な連携を見せるツインギター、信人(Ba)のアグレッシヴなベース。盤石のバンドサウンドを背負い、TAKUYA∞は全身を躍動させながら熱い言葉を投げかけていく。

[画像4: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-614934-5.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-453706-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-616050-9.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-432719-7.jpg ]

 「最高にオシャレな音楽をぶっ放すぜ!」と叫び、ポストEDMと肉体感のあるバンドサウンドをハイセンスに融合させた「ODD FUTURE」から、東京で披露するのは10年ぶりだという「world LOST world」、昨年12月にリリースされた最新アルバム『UNSER』で確立した最新型のUVERサウンドを聴かせる「Making it Drive」へ。19年間にわたり、常に新たなロックの可能性を摸索し続けてきたUVERworldの楽曲たちは圧倒的なオリジナリティを誇る。そんななか、息を呑んだのは「お前たちは何が大事なんだ? 何になりたいんだ?」と問いかけ、アコースティックギターの音色が美しく交錯した「ALL ALONE」だった。生きる意味は何なのか?という根源的なテーマに向き合い、“お前は お前がやりたい事を やれ”と強く訴えるメッセージが胸に突き刺さる。この日のライブでは、そんなふうにTAKUYA∞が紡ぐ血の通った言葉たちに心を揺さぶられる瞬間が何度も何度もあった。
[画像8: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-147351-11.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-630779-1.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-912317-13.jpg ]

 「後ろのみんなも全然遠くないよ。いまから会いにいくからな」と、ライブ中盤は、信人、彰、誠果、克哉がフロートに乗り込み、「和音」「Massive」といったインスト曲を演奏しながら、アリーナ後方に設置されたサブステージへ。あとを追ったTAKUYA∞はバイクの後部座席に真太郎を乗せて、サブステージに向かうという遊び心溢れるパフォーマンスで湧かせた。そこで披露されたのは、「First Sight」と「EDENへ」の2曲。「この距離でみんなを見られるのはうれしいな」と、穏やかに笑うTAKUYA∞の表情が印象的だった。そして、再びセンターステージに戻り、「UNKNOWN ORCHESTRA」でダンサブルな空間を作り上げると、いよいよライブはクライマックスへと向かう。「今日は俺たちの歴史に刻まれる記念日。最高の一体感を作ろうぜ!」と突入した「IMPACT」、「あのとき、辞めないでよかった」「俺たちは間違ってなかった」という感慨と共に届けた「AFTER LIFE」。メンバーが全力でぶつける想いを、全力で受け取るオーディエンスとの熱い関係が生み出す熱狂のなか、最後の1曲を残して、「最後にこれだけは言わせてほしい」と、TAKUYA∞が語りかけた。「俺たちにとってバンドは遊びじゃない。音楽はビジネスじゃない。UVERworldがすべてだ。そのすべてがいつかあなたたちの人生の一部になるように、いい曲を書くから」と。その想いを託したラストソングは「MONDO PIECE」。それは、どんなときも剥き出しの心で嘘のない音楽を届けてきたUVERworldの信念が、この先も変わらず在り続けるということを伝える感動的なフィナーレだった。
[画像11: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-991020-14.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-760109-15.jpg ]

【番組情報】
4カ月連続!UVERworld×TOKYO DOME WOWOWスペシャル

【3月】
◆UVERworld LAST TOUR FINAL at TOKYO DOME
3/19(木)午後2:30
2010年に初めて挑んだ東京ドーム公演の模様をオンエア!

◆UVERworld ARENA TOUR 2018.12.21 TAKUYA∞生誕祭 ~女祭り at 日本武道館~
3/19(木)午後5:00 
2018年のアリーナツアーから、ボーカルTAKUYA∞の誕生日に行われた日本武道館での「女祭り」を放送!

◆UVERworld UNSER TOUR at TOKYO DOME
3/22(日)夜8:00
2019年に行われた東京ドーム2DAYS公演より、最新アルバムの楽曲を中心にセットリストが組まれた初日公演の模様を独占放送!

【4月】
◆UVERworld ARENA TOUR 2018.12.21 TAKUYA∞生誕祭 ~男祭り at 横浜アリーナ~
4/21(火)午後4:15
2018年のアリーナツアーから、ボーカルTAKUYA∞の誕生日に行われた横浜アリーナでの「男祭り」を放送!

◆UVERworld 男祭りHISTORY
4/21(火)午後6:00
男性客限定ライブ、通称“男祭り”。2017年のさいたまスーパーアリーナ公演に加え、過去のライブ映像やインタビューなどを通してその魅力に迫る。

◆UVERworld LIVE TOUR 2015 KING’S PARADE at Kobe World Hall
4/21(火)午後9:00
2015年に兵庫県・ワールド記念ホールで行われた“男祭り”の模様を全曲ノーカットで独占放送!

◆UVERworld Music Video Collection
4/30(木)深夜0:00
歴代ミュージックビデオ64作品を一挙放送!

【5月】
◆UVERworld 男祭り FINAL at TOKYO DOME
5月放送予定
2019年の東京ドーム2DAYS公演より2日目、男性客限定で4万5000人を動員した日本最大規模の“男祭り”ライブを独占放送!

【ライブダイジェスト映像公開中】
番組サイト  https://www.wowow.co.jp/uw/

[画像13: https://prtimes.jp/i/1355/5385/resize/d1355-5385-929277-2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング