『グローバルeスポーツマーケットレポート2020』発売! 2020年世界eスポーツ市場規模は9.74億米ドル。2023年は約16億米ドルに。

PR TIMES / 2020年7月30日 17時40分

株式会社KADOKAWA Game Linkage(KADOKAWAグループ)

世界のeスポーツ最新市場・業界動向が明らかに!



株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島秀介)は、世界eスポーツ市場の調査レポート『グローバルeスポーツマーケットレポート2020』を7月31日に発売します。本レポートは、当社提携の海外ゲーム市場調査会社・Newzoo(本社:オランダ アムステルダム、CEO:ピーター・ウォーマン)発行の調査レポート『Global Esports Market Report 2020』を日本語翻訳したものです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/7314/resize/d7006-7314-331207-0.jpg ]

『eスポーツグローバルマーケットレポート2020』では、欧米や中国・韓国をはじめ、急成長する東南アジアや中南米、中東・アフリカといった各地域のeスポーツ事情を解説し、市場規模やオーディエンス規模、大会賞金などeスポーツに関する豊富なデータを掲載。Newzooが30ヵ国以上で運用している調査パネルから収集した市場・消費者動向や、同社と提携する多数のプロeスポーツチームから得たさまざまな情報を中心に、精度の高い推計と予測を導き出しています。

また、急速に拡大するモバイルeスポーツを大きく取り上げているほか、都市としてのeスポーツ活用法、デジタルネイティブを対象とした新しいマネタイズ、リーグビジネスのメカニズムといった最新トピックスを掲載。勃興する米国のカレッジeスポーツ(大学生のeスポーツ大会)や、日本のeスポーツ市場についても紹介しています。そのほか有力タイトルのイベントカレンダーや、タイトル別視聴時間、国別eスポーツ人口といったランキングも収録しました。

さらに、本レポートの購入者向けに、発売日から約1年にわたって四半期ごとのアップデート情報も配信予定です。常に変化するeスポーツ市場・オーディエンス規模といったデータの最新版のほか、新型コロナウイルス感染症の影響をはじめとするeスポーツ関連の最新ニュースを提供します。


【掲載データの一例】


2020年世界eスポーツ市場規模は、9.74億米ドル。堅調に成長し2023年は約16億米ドルに。


[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/7314/resize/d7006-7314-218328-3.png ]



2020年世界eスポーツ収益源の約7割はスポンサーシップが占める。


[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/7314/resize/d7006-7314-103230-4.png ]



『グローバルeスポーツマーケットレポート2020』 概要


[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/7314/resize/d7006-7314-331207-0.jpg ]

発行:株式会社KADOKAWA Game Linkage
編集:Newzoo
翻訳監修:KADOKAWA Game Linkage マーケティング部
発売日:2020年7月31日
価格:750,000円+税
言語:日本語
ページ数:本文131ページ(PDF)
付属:数値データ(excel)
※レポート本編の発刊以降、四半期ごとにアップデート版を配信します
商品ページ: https://www.f-ism.net/report/Global_Esports_2020.html
ご注文方法については商品ページをご覧ください。

<目次>
1.イントロダクション
 はじめに/本レポートの対象範囲/eスポーツ市場の範囲/注目ポイント
2.調査・分析方法&用語の定義
 本レポートの調査・分析方法/収益予測モデルの見直しについて/本書における用語の定義
3.注目のグローバルトレンド
 モバイルeスポーツ/eスポーツ商品のイノベーション/eスポーツ都市vs都市ホスト制/リーグビジネスのメカニズム/アルコール飲料ブランドによるeスポーツスポンサーシップ
4.特集・トピックス
 カレッジeスポーツ/日本のeスポーツシーンの台頭
5.地域別eスポーツ市場(データ・解説)
 グローバル/北米/中南米/欧州(西欧、東欧)/中東&アフリカ/アジア太平洋(中国、韓国、日本、東アジア、東南アジア、オセアニア)
6.タイトル別イベントカレンダー
 グローバルイベント/League of Legends/Counter-Strike: Global Offensive/Dota 2/Overwatch/Call of Duty/Rainbow Six: Siege
7.ランキング
 タイトル別視聴時間(eスポーツコンテンツTOP25、非eスポーツコンテンツTOP50)/eスポーツトーナメントTOP50/eスポーツリーグTOP10/eスポーツ配信言語TOP25/国・市場別eスポーツ人口TOP50
8.eスポーツ業界概要
 エコシステム概略図/配信プラットフォーム/企業・ブランド/プロチーム/サードパーティ系オーガナイザー/ゲームパブリッシャー
9.サードパーティ市場調査会社
 Newzoo調査と他社調査の比較

※本データを記事にて引用される場合は、必ず出典をご明記いただきますようお願いいたします。
また、ご掲載いただいた際は、ご一報いただけますと幸いです。



Newzooについて


[画像5: https://prtimes.jp/i/7006/7314/resize/d7006-7314-340931-1.png ]

Newzooは、グローバルでのゲーム・eスポーツ・モバイル市場の分析を核としたサービスをご提供します。本社をオランダの首都であるアムステルダムに構え、米国はサンフランシスコ、中国は上海の二つの拠点に支社を有しています。2007年の設立以来、世界でも有数のエンターテインメント・テクノロジー・メディア企業やコンシューマーブランドのオーナー企業であるお客様に、弊社のサービスを提供してきました。具体的には、Tracking Data/Consumer Insights/Market Forecastsといった商品群やコンサルティングプロジェクトを通して、顧客ターゲティング・競合分析・経営戦略策定などの一助となるべく、尽力しています。2020年1月には、日本のゲームメディア・eスポーツを牽引する KADOKAWA Game Linkage のパートナーとなり、日本市場を起点とした商品・サービスの拡充を目指しています。10年以上かけて培われた豊富な経験と多岐にわたるパートナーと共に、今後もお客様に信頼いただけるサービスをご提供していきます。
公式サイトURL: https://newzoo.com/about/japanese/


株式会社KADOKAWA Game Linkageについて


[画像6: https://prtimes.jp/i/7006/7314/resize/d7006-7314-339658-2.jpg ]

株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメント、ゲームマーケティングなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp


▼プレスリリースのダウンロード▼
https://prtimes.jp/a/?f=d7006-20200730-1617.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング