いよいよ本日映画公開!!雫井脩介『望み』映画カバー版の原作小説、さらに無料で楽しめる『3作品試し読み合本』が電子書籍にて配信開始!

PR TIMES / 2020年10月9日 15時15分

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、映画「望み」の公開を記念して、電子書籍にて新たに映画ビジュアルカバー版の原作『望み』、並びに著者雫井脩介の3作品試し読み合本を配信開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/7581/resize/d7006-7581-605917-0.jpg ]

愛する息子は、殺人犯か、被害者か。それとも──いよいよ本日公開の堤真一・石田ゆり子初共演映画「望み」(KADOKAWA)。その公開を記念して、電子書籍にて原作著者である雫井脩介に関連する新商品2点を配信開始!

ひとつ目は、累計発行部数20万部突破の雫井脩介による映画原作小説『望み』(角川文庫)のカバーを一新した“映画ビジュアル″版。そしてふたつ目は、雫井脩介による3作品(『望み』『つばさものがたり』『クローズド・ノート』)を通常の試し読みよりも「より長く」楽しむことができる無料アイテム“試し読み合本″。

本商品はBOOK☆WALKER( https://bookwalker.jp/campaign/16792/?adpcnt=7qM_VskU)をはじめとする各電子書籍ストアにてお求めいただけます。
この機会に是非、雫井脩介の紡ぐ物語の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

◆商品情報

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/7581/resize/d7006-7581-799182-2.jpg ]

書名:望み【映画カバー版】
著者:雫井脩介
定価:680円+税
※2021年10月8日(金)までの期間限定配信

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/7581/resize/d7006-7581-438277-1.jpg ]

書名:雫井脩介3作品試し読み合本(『望み』『つばさものがたり』『クローズド・ノート』)
著者:雫井脩介
定価:0円
内容:雫井脩介人気3作品の立ち読み範囲を増量した無料お試し読み版


◆雫井脩介プロフィール
1968年愛知県生まれ。2000年に新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『栄光一途』でデビュー。04年に刊行した『犯人に告ぐ』は大藪春彦賞を受賞、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に選出された。同作は映像化もされ、100万部超えのベストセラーに。続く『クローズド・ノート』では、前作とは真逆の、切なくも暖かい恋愛を描き大きな話題となった。『つばさものがたり』『検察側の罪人』『仮面同窓会』『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』など著書多数。


◆映画情報

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=6OCbpMJ7aPE ]


◆STORY
建築家の石川一登(いしかわかずと)とフリー校正者の妻・貴代美(きよみ)は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もう一人殺されているという噂が広がる。父、母、妹――それぞれの<望み>が交錯する。
[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/7581/resize/d7006-7581-377435-3.jpg ]


出演:堤真一、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太
監督:堤幸彦
原作:雫井脩介『望み』(角川文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子
音楽:山内達哉
主題歌:森山直太朗「落日」(UNIVERSAL MUSIC)

(C) 2020「望み」製作委員会
配給:KADOKAWA
公式サイト nozomi-movie.jp
公式Twitter @nozomimovie

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング