春よこい                                   作・蝶々夫人

クオリティ埼玉 / 2014年2月8日 15時25分

凛凛とした寒さの中
木の葉が落ちた茶色の木々の間から
葉のない分だけ空が高く広く感じられる
冬が通りすぎ           
やがてこの木々も色変わり 
芽をふき 葉をつけ 花もさき
はなやかな春の模様となる
 
春よこい 早くこいと待ってた私
春風に羽をひろげ心地よい風に送られ
あなたのところに飛んでいきたい

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング