ミセス静のささやき

クオリティ埼玉 / 2014年5月10日 9時0分

別所沼のかいぼりも終わり注水開始です。
水質浄化のため沼の水を抜いて沼底の泥の日干しをしたのです。
沼底を干す期間を沼の周囲で地盤沈下が起きたことも有り(1センチメートル~10センチメートル)かいぼりを一週間程短くしたようです。
1日約600立方メートルの水を貯め、6月中旬には以前の水位(平均1メートル)に戻る予定。
又沼に生息していた在来魚(ヘラブナ,マブナ,マゴイ)も急激な変化が原因と見られ1147匹のうち49匹死んだそうです。
木の橋も修理が進み以前の別所沼に戻りつつあります。
行く春もすぎてゆく中初夏の始まりです。木々は青々とそびえたち、水面には太陽の光を浴びた水鳥たちの姿も見られるようになるでしょう。鳩たちも戯れ、色とりどりの花も迎えてくれるでしょう。
 
初夏の朝 水面に映る 青い精
 

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング