政治家の意識レベル低下を憂う

クオリティ埼玉 / 2014年6月23日 11時17分

都議会議員の議場でのヤジ。
女性蔑視もはなはだしく、呆れた。
議場で笑いがもれたことにも呆れた。
そして、その後の対応がもっとまずい。
ヤジられた女性都議の視線の向こうは「自民党席」であるのにも関わらず都議会自民党幹事長は「特定されない」とうそぶく。
この「うそぶく」態度こそ私は憎む。反省していないからこその対応だ。ヤジった議員は名乗りでるべき。周囲も隠してはいけない。
名乗って謝ってすむ問題ではないけれども、まずはそこからだ。
自民党総裁・安倍晋三氏は「女性の活躍を」と大きな柱をうちたてている。だからこそ、TOKYO自民党しっかりすべきであろう。
丸川珠代氏(入間在住・夫は大塚拓代議士埼玉9区選出)は参議院東京選挙区。自民党東京都連所属女性議員として先頭にたって行動することを望む。
(浅間 潤子)
 

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング