埼玉の余話2014.6.26

クオリティ埼玉 / 2014年6月26日 17時8分

ヤジが世界の話題になってしまった。
「早く結婚しろよ!」の主は名乗りでて会派を離脱。新しくつくった一人会派の名称は〝都議会再生〟ときたから笑わせる。まあ、それはさておき「子供を産んでみろ」とか「産んだことがないのか」等のヤジは何とも女性をナメた下劣この上ないヤジだ。しかし、ヤジ以上にセクハラだ。セクハラヤジとメディアは報じているが、完全なるセクハラで、ヤジった男はセクハラ(オ)ヤジの典型で許しがたい。しかも選良たる議員だ。
さてそれにしてもヤジられたみんなの党は何とも情けない。自分達の出した決議が否決されると、今度はヤジった側(?)と一緒の決議に賛同しているのだからあきれて、あいた口がふさがらない。
そこへいくと共産党はヤジった議員の辞職決議を散然として独自で堤出しているのだから筋が通っている。みんなの党は、みんなに否決されたから、最後はみんなに従うという。それこそその名の通り、名前に対しては筋が通っていると認めてやりたいが、やはり、おかしいぞみんなの党とヤジりたくなってしまうのは不劣だろうか。

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング