世界の環境都市から学ぶ環境政策

クオリティ埼玉 / 2014年6月30日 11時26分

「地球は先祖から受け継いだものではない。子供からの借り物だ。」これはケニアのことわざだそうだ。この心を打つ言葉で始まるパンフレットに惹かれて、6月24日から7月2日までさいたまスーパーアリーナで開催されている「わたしと地球の環境展」(http://kankyo.tenji-kai.jp/)に行ってきた。展示会に入って最初に目をついたのは、地球温暖化による環境の変化を、氷河が大幅に減って全く変わってしまった光景の比較写真で訴えるもので、問題意識がこみあげてくる。また地球温暖化以外にも水問題や生物多様性など地球環境にまつわるテーマについてもわかりやすく説明してあった。解説コーナー以外にも、アマゾンの昆虫標本や生き物をリアルに感じられるAR(拡張現実)など体験・体感できるコーナーも多数あり、足を運ぶ価値のある展示会であった。埼玉県内では7月8日から13日まで川口市の川口総合文化センターリリアで開催予定である。
 
この展示会の中で筆者が特に興味をもったのが、世界の環境都市コーナーで、環境に力を入れている特色ある都市を紹介していた。それは、ゴミを野菜などと交換することのによってゴミの分別収集を徹底したブラジル・クリチバ市、バイオマスを中心に50%を再生可能エネルギーにしたスウェーデン・ヴェクショー市、公共交通を乗り放題にする環境定期券で脱マイカーをはたしたドイツ・フライブルク市、原油生産国にありながら化石燃料を一切使わないゼロカーボン(脱炭素、脱二酸化炭素)のアラブ首長国連邦・マスダールシティの4都市である。それぞれの国の経済や都市のおかれている状況が違うため取り組みも一様ではないが、これらの都市の大きな特徴は環境にまつわる問題に対して、イノベーション(革新)とも呼べる実証実験に取り組んだ結果、他の都市が参考にする環境都市にまでなったということではないだろうか。
 
EU(欧州連合)は2020年までに再生可能エネルギーの割合を20%まで引き上げる目標を掲げていて、わが国も2020年度には約18%の目標を持っている。スウェーデン・ヴェクショー市はすでに50%に達し、約7万5千人の市民の使う電力の4割は木質バイオマスによる発電だそうだ。木質バイオマスは林業の際に出てくる木くずが原料になるので、林業の活性化にもつながる。埼玉県の県西部の都市は人口規模も同程度のこの都市を参考にして、木質バイオマスをつかった自地域への熱や電力を供給するプラント(工場)を検討してはいかがであろう。
 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング