滋賀県知事選の結果と埼玉の事情

クオリティ埼玉 / 2014年7月14日 12時43分

滋賀県知事選の結果は来春の埼玉統一選、次の知事選に少なからず影響を与えるだろう。
滋賀県知事に当選した三日月氏は民主党の国会議員を4期務めている。今回は無所属で立候補したといえ、相手は自民、公明の推薦を得ており、民主党は三日月氏に全力投球した戦いだったからだ。もちろん、滋賀県と埼玉県の事情は異なるが、内閣支持率が低下していることも考えると、この勝敗の結果の影響は少なからず、来年に影響を及ぼすことだけはまちがいあるまい。埼玉の自民党は来年の知事選に、「独自候補を擁立する」と発表した矢先だけに自民党側のショックは大きいだろうし、来春の統一選においても自民党公認候補を厳選してのぞむ以外、方法はあるまい。
ただし、民主党の人気が上昇したと読むのはあまりにも早計であり、「自民党よ、驕るなかれ」という厳しい警鐘だけが事実だろう。

クオリティ埼玉

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング