自分にしかできないこと                       作・大畑ヨシオ

クオリティ埼玉 / 2014年12月14日 1時28分

どんな人にも
自分にしか出来ないことがある
固いガラス瓶の蓋をあけるのが得意な人がいる
私には毎日飼い犬の世話や
水槽の魚の世話等これまたいろいろある
ましてや病院や身体の不自由な家族がいる家では
自分にしか出来ないことが幾つもあるはずである
また人の世話になっているだけ
と思っている人も役に立っている
看病する人
看病される人
みなこの世の舞台の役割なのだ
さびしい生き方がある
この世界に何の役割もない人だ
人の報いもなく
神の報いもなく
その不運を一人嘆いているひとだ
誰でもやりたがることはやらない
誰でも考えることは考えない
誰でもできることはやらない
右の手でしていることを左の手に知らすな
と聖書にあるのは
見当違いの世間の褒め言葉や
すぐ消えてしまう拍手など
空しいことだと言っているのだ
新聞やテレビの取材はないが
別の大きな世界がある
敷き石の間から顔をだしている野の花
散歩の足を止める光る魚影
何か話したげなトンボ一匹
鮮やかな羽色を見せにくる野の鳥
告知のように雲間から地を射す光
振り向けば身近に
私に語りかけてくる世界がある

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング