利き酒師のいる店で日本の四季を楽しむ料理を味わう ~ととや~

クオリティ埼玉 / 2015年1月2日 0時11分

浦和駅東口を右に出て線路沿いを3分歩いていくと、愛らしい魚の絵が描かれた看板が目に留まる。地酒と魚料理の店「ととや」だ。
店の名前の通り、魚料理をメインとした料理がメニューにずらりと並ぶ。 
引き戸を開けると、思わず座りたくなるカウンター席と座敷、全23席の温かい店内が広がり、ほっこりと優しい笑顔の店主戸﨑氏がお出迎え。
 
一番人気は店主自らが目利きしたお勧めの7種類の魚を日替わりで楽しむことができる刺身盛り。
味わい、触感、見た目のバランスを考えながら作られる刺身盛りは、厳選された旬の魚が盛り付けられた贅沢な一品。
毎年つくるオリジナルのからすみは、味のバリエーションが豊富で、遠方からわざわざ足を運ぶ客をいるほどの絶品。甘辛く煮つけたあん肝も大人気。
「今の時代は流通が良くなり、家庭で何でも食べられてしまうのが現状。だからこそ、家庭で食べられるものを店で出しても意味がないだ」と戸﨑氏は言う。
その強い思いがここでしか味わえない料理のひとつひとつに活かされているのだ。
 
利き酒師でもある戸﨑氏。
酒は水や米、産地や杜氏によって全く味が異なり、一つとして同じものはないため言葉で表現することが難しい。
酒を如何に表現し、各々の料理に合い、その人に合う一番美味しい酒を楽しんでもらいたいと二年前に免許を取得。
店には地酒や古酒がずらりと並んでいるので、今日の自分に合う酒を選んでもらえるのも楽しみのひとつなのだ。
 
浦和の地で開店し、来年で10年目を迎える「ととや」。
四季を感じる食材選びから調理法、空間作りから接客まで真摯に客をもてなす。
良い仕事をしていれば、必ずわかってくれる浦和の人々が大好きだと満面の笑みで語る戸﨑氏。
今年は客の声掛けで、初めてのゴルフコンペを開催。
人と人との繋がりを大切に浦和の地で日々努力を重ねる。
 
ととや
さいたま市浦和区仲町1-8-5 JR高架下
℡ 048-824-2246

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング