ベン・シモンズがキャリア初の3ポイント成功で歓喜

NBA Rakuten / 2019年10月9日 11時0分



超大型司令塔シモンズが自身初の3ポイント成功、シクサーズはプレシーズン初戦で快勝


フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)は現地8日、プレシーズン初戦で中国の広州ロングライオンズと対戦。144-86で快勝を飾ったなか、4年目の超大型司令塔ベン・シモンズがキャリア初の3ポイントを成功させ、アリーナを熱狂させた。

シモンズ、トバイアス・ハリス、新加入のジョシュ・リチャードソンとアル・ホーフォード、ジョエル・エンビードの5人でスタートしたシクサーズ。シモンズがオープニングゴールを決めるなど順調にシュートを成功させ、第1Qで36-22と大きくリードを奪うと、第2Qはエンビードとシモンズがさらに猛威を振るう。

エンビードがダンク2本を決めて存在感を発揮すると、シモンズもこのQだけで13得点をマーク。特に終了間際には右45度から3ポイントを放つと、シュートは綺麗な放物線を描いてネットに吸い込まれ、リードを40点台の大台に乗せた。4年目を迎えるオールラウンダーのシモンズはこれまでプレシーズンで3ポイント19本、レギュラーシーズンで17本、プレーオフで1本を試投したがいずれも失敗。これがキャリア初の3ポイント成功となり、本拠地のウェルズ・ファーゴ・センターも大きく沸いた。

ベンチメンバー主体に切り替えた後半もシクサーズの猛攻は止まらず、第3Qは35-20、第4Qも27-25と相手に一度もリードを許すことなく、144-86で快勝を飾った。

シクサーズはシモンズが21分の出場で21得点、8リバウンド、7アシストを記録したほか、エンビードが17得点、リチャードソンも16得点を挙げるなど7人が二桁得点をマークした。



(C)2019 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング