11月に入ってより際立つハーデン、注目集めるサボニス

NBA Rakuten / 2019年11月21日 11時0分



ハーデンは現在、1試合平均39.2得点


11月となり現在、リーグ全体の中でも際立つ存在感を見せているのがヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンだ。現在、1試合平均39.2得点をマークしており、ウィルト・チェンバレンが1961-62、62-63シーズンに達成して以降は出ていないシーズン平均40得点を狙える状況だ。

このシーズン平均40得点は、マイケル・ジョーダン、コービー・ブライアントといったハーデンがよく比較される稀代の点取り屋も達成したことがない。それは現代のNBA随一のピュアスコアラーであるケビン・デュラントも同じだ。

今、ロケッツは8連勝中だが、その全てでハーデンは35得点以上と得点のペースが落ちる気配はない。

11月に入ってインディアナ・ペイサーズのドマンタス・サボニスは、キャリアベストの活躍を見せている。今月は8試合全てでダブダブルを記録し、現地18日のブルックリン・ネッツ戦では自己ベストの18リバウンドを挙げた。今の平均13.8リバウンドはアンドレ・ドラモンド(17.0)、ヤニス・アデポクンボ(14.0)に次ぐリーグ3位だ。



(C)2019 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング