ウォリアーズHC、「とても辛い」と再開シーズンに参加できない胸中を告白

NBA Rakuten / 2020年8月9日 7時0分

再開シーズン不参加を受け入れていた気持ちに変化


ゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季15勝50敗でリーグ最下位となったため、現在フロリダ州オーランドの“バブル”(隔離地域)で行われている再開シーズンに参加していない。

ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、『The Ringer』のビル・シモンズ記者がホストを務めるポッドキャスト番組『The Bill Simmons Podcast』で、再開シーズンをテレビで見ることしかできない状況にフラストレーションが溜まっていると、その胸中を以下のように告白している。


「ご存知の通り、私たちは非常に難しいシーズンを過ごした。だから正直、オーランドでのシーズン再開が決まった当初は、参加できないことに失望はしなかった。特にステフ(ステフィン・カリー)、ドレイモンド(グリーン)、クレイ(トンプソン)は休養が必要だったしね」

「だけど、いざシーズンが再開されるとその場にいたいという気持ちが高まっていた。ドレイモンドと話したら彼も同じ気持ちだったんだ。試合は楽しそうだし、参加できないのは勿体ないと思うようになった。NBAは素晴らしい仕事をしているよ。試合も白熱しているし、プレイしている選手たちも素晴らしい。参加できないのは非常に辛いよ」

ウォリアーズは、2015年から5シーズン連続でNBAファイナルに進出し、そのうち3度リーグ優勝を果たしている。毎年プレイオフを戦い抜いた主力のカリー、グリーン、トンプソンには疲労が溜まっているため、十分な休養期間は助けとなる見られている。今年10月に左手を骨折したカリーや、昨年6月に左膝十字靭帯断裂という大怪我を負ったトンプソンが、復帰予定である来季、バスケに飢えたウォリアーズがどの様なパフォーマンスを見せてくれるかに注目だ。



(C)2020 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング