ペイサーズ、次期HC最有力候補としてデイブ・イェーガーと面談へ 名手チャウンシー・ビラップスとも会談予定

NBA Rakuten / 2020年10月5日 10時0分

マクミランHCを電撃解任して指揮官が不在 グリズリーズとキングスで指揮を執った経験を持つイェーガー氏が候補に浮上


インディアナ・ペイサーズは、10月第2~3週にかけて、新HC(ヘッドコーチ)の候補者たちと面談を行うようだ。

今プレイオフ1回戦でマイアミ・ヒートに4連敗を喫し、ペイサーズは延長契約を結んでいたネイト・マクミランHCを8月26日(日本時間27日)に電撃解任。ヒューストン・ロケッツのHCを退任したばかりのマイク・ダントーニ氏も候補に挙がっているが、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、まずメンフィス・グリズリーズとサクラメント・キングスでHC経験があるデイブ・イェーガー氏と、ニューオーリンズ・ペリカンズのクリス・フィンチAC(アシスタントコーチ)の面談を行うという。

イェーガー氏は最有力候補と見られているようだが、選手時代にデトロイト・ピストンズで優勝経験があるチャウンシー・ビラップス氏とも近々面談する見込みだ。


さらに、『NBC Sports』のカート・ヘリン記者は、新HC候補として、フィンチACのほか、ベッキー・ハモンAC(サンアントニオ・スパーズ)、ダービン・ハムAC(ミルウォーキー・バックス)、デイビッド・バンタープールAC(ミネソタ・ティンバーウルブズ)、イメ・ウドカAC(フィラデルフィア・76ers)らも面談が予定されているとしている。

今シーズンのペイサーズは、エースのビクター・オラディポが怪我で出遅れたにもかかわらず、ドマンタス・サボニス、マルコム・ブログドン、TJ・ウォーレン、マイルズ・ターナーらの活躍でイースタン・カンファレンス4位に食い込む大健闘を見せた。どのような新チームができ上がるのか、興味深いところだ。


その他の最新ニュース



(C)2020 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング