ウィザーズの八村塁 3連勝中のチームに手応え「僕らにどれだけ力があるのかは分かっている」

NBA Rakuten / 2021年2月19日 15時35分

3連勝はチームとって2シーズンぶり


日本時間2月19日(現地18日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がチーム練習後にメディア取材に応じた。3連勝を飾ったチーム状況、また、21日(同20日)より始まるウェスト4連戦に向けて意気込みを語った。

――3連勝となったが、チームのムードは?

いい感じですね。今までの試合では相手に負けるというより、自分たちで負けていた感じがあったので、この3試合勝ったのは僕らとしては結構普通のことだと捉えています。もちろん喜んでいますが、僕らにどれだけ力があるのかは分かっていました。チームの力として出せるかが問題だったので、それがここ3試合出てきて3連勝となりました。僕らはいいチームになれると思うので、これからもそういうところを意識してやっていきたいと思います。

――守備面のコミュニケーションが良くなったと感じる?

そうですね。コミュニケーションもそうですし、ポジショニングとか、チームとしても役割とかを意識してやっています。

――モリッツ・バグナー選手が「互いをより信頼している」と言っていたが、それは感じる?

コロナの影響で3週間練習できなかったり、試合ができなかったり、僕も最初2週間ぐらいいなかったり、TB(トーマス・ブライアント)が怪我したりと、色々なことがずっと続いていました。そのなかで過去10試合ぐらいですかね、みんなの役割もしっかり分かってきて、ディフェンスでもオフェンスでもチームになってきているなと思います。

――オフェンスに関してはボールが回っている印象がある。

ディフェンスからっていうのもあると思います。(相手が)シュートを落としてリバウンドを取ってからとか、ターンオーバーからの速攻とか、そういうところで勢いに乗れているんじゃないかなと思います。

――昨日の試合、逆転をした第2クォーターに、ラッセル・ウェストブルック選手がほかの選手たちにハッパをかけたと聞いたが、どのような内容だった?

僕らは出だしが悪かったので、そのなかで彼は僕らに「起きろ」と。「前みたいに戻るぞ。2試合しっかりできたんだから、ここから盛り返すぞ」という感じで言ってくれました。

――6試合連続で2桁得点を記録しているが、ウェストブルック選手とのケミストリーは良くなった?

良くなったと思います。彼ともすごくコミュニケーションを取っていますし、フィルムも見ています。そのなかで僕の持ち味をどれだけ出せるかというのもずっと考えながらやってきました。そこが活かされていますね。

――これからウェスト4連戦が始まり、レブロン・ジェームズ選手やカワイ・レナード選手との対戦もあるが心境は?

楽しみですね。NBAのトップのチーム、そして選手たちと対戦できるのが楽しみですし、僕らもいい流れで来ているのでその流れに乗ってやっていきたいなと思います。



(C)2021 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング