2021ライジングスターズのロスターが発表 八村塁は2年連続の選出

NBA Rakuten / 2021年3月4日 10時59分

昨季に続いて2度目の選出


日本時間3月4日(現地3日)、NBAは2021NBAライジングスターズに選出された20人の選手を発表した。ワシントン・ウィザーズの八村塁が、昨季に続きワールドチームの一員として選ばれている。

キャリア1年目、2年目の将来有望な若手選手が選出されるライジングスターズ。そのロスターは、アメリカ出身選手と外国籍選手が10人ずつNBAのアシスタントコーチの投票によって選出される。

これまではオールスターイベントの一環としてUSチーム(アメリカ出身選手)とワールドチーム(外国籍選手)による試合が行われていたが、今季はオールスターイベントすべてを1日で行うため試合は実施されない。

今季26試合で平均12.6得点、5.5リバウンド、1.8アシスト、FG成功率45.6%を記録している八村は、ルーキーイヤーの昨季に続いて2度目のライジングスターズ選出となった。

USチームにはオールスター本戦にも選出されているザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ)を筆頭に、昨季新人王のジャ・モラント、今季月間最優秀新人を2度受賞しているラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ)、タイリース・ハリバートン(サクラメント・キングス)、2020年ドラフト全体1位指名のアンソニー・エドワーズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)などが選出された。

ワールドチームには八村のほか、5人のカナダ出身選手(ニキール・アレクサンダー・ウォーカー、RJ・バレット、ブランドン・クラーク、ルーゲンツ・ドート、マイカル・モルダー)と、八村がウィザーズでともにプレイするデニ・アブディヤなどが選出されている。

ライジングスターズに選出された20選手は以下の通り。カッコ内は所属チームとキャリア年数。

■USチーム
ラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ/1年目)
アンソニー・エドワーズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ/1年目)
タイリース・ハリバートン(サクラメント・キングス/1年目)
タイラー・ヒーロー(マイアミ・ヒート/2年目)
ディアンドレ・ハンター(アトランタ・ホークス/2年目)
ケルドン・ジョンソン(サンアントニオ・スパーズ/2年目)
ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ/2年目)
マイケル・ポーターJr.(デンバー・ナゲッツ/2年目)
ザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ/2年目)
ジェームズ・ワイズマン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/1年目)

■ワールドチーム
プレシャス・アチウワ(マイアミ・ヒート/1年目)
ニキール・アレクサンダー・ウォーカー(ニューオーリンズ・ペリカンズ/2年目)
デニ・アブディヤ(ワシントン・ウィザーズ/1年目)
RJ・バレット(ニューヨーク・ニックス/2年目)
ファクンド・カンパッソ(デンバー・ナゲッツ/1年目)
ブランドン・クラーク(メンフィス・グリズリーズ/2年目)
ルーゲンツ・ドート(オクラホマシティ・サンダー/2年目)
八村塁(ワシントン・ウィザーズ/2年目)
テオ・マレドン(オクラホマシティ・サンダー/1年目)
マイカル・マルダー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/2年目)



(C)2021 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング