木下優樹菜、夫への海外留学ドッキリでミス連発!「ノリで行けんの!」

RBB TODAY / 2018年6月15日 0時30分

木下優樹菜【写真:田中】

 木下優樹菜が14日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演。夫・藤本敏史に仕掛けたドッキリで逆ギレする場面があった。

 定期的に行われる藤本への“モニタリング”。今回のテーマは「木下が娘2人と海外移住したいと言い出したら受け入れるか、反対するか」というもの。

 長女は普段から英会話を習っているということで、語学留学を目的としたハワイへの移住を切り出すことで、藤本の父親としての本音を引き出そうとした。 

 だが木下は、唐突に「海外に留学しようと思って」と話し始めため藤本からは「?」と理解されず、しかも“渡米する”を「とうべいする」といきなりのミス。「ハワイに行きたい」と話すも、藤本からは「スパリゾートハワイアンズとかあるでしょ」などと茶化される始末。

 しかも英語力を試された木下は、「趣味は何ですか?」という英語での質問に対し「アイ キャント ホビー」と回答。「裁縫できるって聞いたんでしょ? ホビーっていうじゃん」と夫に聞くと、「それはボビンでしょ!」と、糸を巻くための道具であることを指摘されていた。

 「そのぐらいの英語力じゃダメ」と藤本に責められた木下は「何そんなマジで」と、心配する藤本の“本気”を逆にイヤがり、「大丈夫だよ!ノリで行けんの!」とついに逆ギレしていた。

 このあと、長女の英会話を通じて知り合ったというハワイ出身のイケメン男性・ユウくんが登場。現地で木下親子の生活をサポートするという彼が、「ハワイに行ったら“ダディ”って呼んでもらおうかな」と明かすと、藤本は「俺がダディやから」と主張。ユウくんに対して「ノーダディでしょ?」と対抗意識を燃やしていた。

 だが最終的には藤本は、娘の海外留学について「長女が自分の意見を言えるようになってから決めたほうが良い」とコメント。木下は、子どもたちの将来を真剣に考えてくれている藤本に、どこか安心しているようだった。

RBB TODAY

トピックスRSS

ランキング