清塚信也、高嶋ちさ子の本性暴露!「本番でやったら、ぶっ殺すよ」

RBB TODAY / 2019年9月24日 6時0分

高嶋ちさ子 (c)Getty Images

 ピアニストの清塚信也が、23日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。高嶋ちさ子の素顔を明かした。


 芸能界で仲が良い人について聞かれた清塚は、高嶋の名を挙げ、「だいぶ若いときは一緒にコンサートで使っていただいたりした」と回顧。「高嶋さんは厳しかったりする?」との質問には、「厳しいというか怖い」と正直に回答。

 清塚はそんな高嶋の性格について「意外と緊張するところもある」と暴露しつつ、彼女から本番前の楽屋裏で「お前ちょっと今日さ、(リハーサルでは)テンポ、いつもより速かったじゃん? 本番でやったら、ぶっ殺すよ」と言われたエピソードを披露。これにはネプチューン原田泰造も「すげぇ!すげぇあの人!」と驚き。

 また清塚は「音楽が始まってしまうと(自分が)見えなくなってしまう」と弱点も告白。本番で、速く弾くどころか原形をとどめないぐらい即興を入れたところ、バイオリンを弾いていた高嶋から睨まれたと回顧。これにはチュートリアル徳田充徳も「怖っ!ガンつけてきた!」とびっくりしていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング