三好春奈(HaKU)、Hisayo、かわいしのぶ……センスが光る女性ベーシスト6選

リアルサウンド / 2014年4月14日 8時0分

写真

 人気、実力を兼ね備えたガールズバンドが増えている。SCANDAL、ねごと、赤い公園など、音楽性はもちろん、お洒落で可愛さのスタイルも様々だ。そして同様に、男性中心のメンバーの中に女性プレイヤーというバンド編成を目にすることも多くなった。中でもBase Ball Bearや凛として時雨、サカナクションなど、女性ベーシストの活躍が今のJ-ROCKシーンで目立っている。

(参考:シドShinji、ELT伊藤一朗、UVERworld克哉 & 彰……実は凄腕なギタリストたち6選)

 ギターよりも大きく、弦も太いベースは一般的な女性的なイメージとは掛け離れている印象もある。だからこそ、逆にそれを弾きこなす女性の姿はより魅力的だ。美しさと可愛さ、そして何よりもプレイとセンス、そんな今注目しておきたい才色兼備な女性ベーシストをピックアップしてみたい。

・歌って舞う可憐なベース 三好春奈(HaKU)

 長い髪を振り乱しながら前後左右に舞い、跳ねる。これだけ動いてもリズムも手元もぶれることはない。

 シンセサイザーや同期などのデジタル機器を一切使用せず、全て人力で作り出すダンサブルなナンバーの数々。それを象徴する彩り豊かなエフェクティブでテクニカルなギターが印象的なバンドであるが、四つ打ちに合わせた強靭なボトムと、変則的なアンサンブルに絡みついていくベース。聴けば聴くほど、ギターに負けない複雑なベースラインであることが解る。

 辻村有記(Vo, Gt)の中性的なハイトーンボイスと絶妙に折り重なる透明感のあるサイドボーカルもこのバンドの魅力である。

・頼れる姐さん Hisayo(tokyo pinsalocks)

 スラっとした容姿に低めに構えたベース、その凛とした立ち姿が非常に絵になるベーシストだ。元々はラウドロックバンドであったが、バンド編成の変化に伴い、カルチャー、ファッションを取り入れた独自のニューウェーヴ路線を展開し、海外での評価も高い。

 “攻め”のスタイルが多い日本人ロックベーシストの中で、重心低めの図太さと独特の“うねり”を持ったベースである。GHEE、a flood of circleという男臭いギターロックバンドのベーシストとしても活動中であるが、その貫録のあるグルーヴはどのバンドにおいても絶大な存在感を放っている。

・女らしくも男らしい 清(きよし)

 野獣のような豪快スラップを始めとするアグレッシブなプレイと咲き乱れる濃艶なステージング、男勝りの力強さとしなやかな女らしさを持ち合わせた圧倒的な存在感は一度見たら忘れられない衝撃だ。日本屈指のロックンロールシンガー、森重樹一(ZIGGY)の隣で弾く様はグラマラスなロックにさらなる艶やかな色彩を加える、無くてはならない存在になっている。

リアルサウンド

トピックスRSS

ランキング