乃木坂46生田の活動一時停止で注目 アイドルが学業を優先する背景事情とは?

リアルサウンド / 2014年4月22日 20時23分

写真

 乃木坂46の生田絵梨花が、学業専念のため活動を一時休止することを4月20日に発表した。生田は5月30日から6月15日まで上演される乃木坂46の劇場公演「16人のプリンシパルtrois」(東京・赤坂ACTシアター)には参加。その後、高校3年の生田は進学準備でグループを離れるという。

(参考:チラ見するのが正しい鑑賞法である――「アイドルとおっぱい」に関する一考察)

 アイドルが学業専念を理由に活動を停止するケースは、他にも見受けられる。AKB48グループからは、SKE48の松本梨奈が20日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームK2公演でグループからの卒業を発表した。松本は現在、大学生で、今後は学業に専念するという。同グループ2期生の向田茉夏も、同じく学業に専念することから3月いっぱいでの卒業を発表している。また、私立恵比寿中学の瑞季、杏野なつ、鈴木裕乃の3人は、4月15日に東京・日本武道館にて行われた単独コンサート『私立恵比寿中学合同出発式~今、君がここにいる~』を最後に、同グループを転校(=脱退)。大学進学や留学に向けて、それぞれの道を歩むという。

 このように学業専念を理由にグループを離れるメンバーが目立つことから、10代の少女が中心となっているアイドルグループにとって、芸能活動と学業との両立はひとつの課題といえるかもしれない。アイドルカルチャーに造詣の深いライター・物語評論家のさやわか氏は、アイドルたちの学業の事情について次のように語る。

「現在活動しているアイドルグループの多くは、そもそも学業優先を掲げているケースが多く、そういう意味では昔のアイドルよりもハードなスケジュールとなっている場合も増えているかと思います。80年代から00年代初頭くらいまでは、学生のアイドルは堀越学園のような芸能人学校に通い、芸能活動に本腰を入れるというのも一般的でした。しかし昨今では、活動の初期は特にそうですが、アイドル活動は親御さんの同意ありきで展開するもので、クラブ活動や習い事に近い感覚となっており、学業優先は当たり前のようになっています。たとえば初期のモーニング娘。は、学業に重きをおかず、メンバーの“お馬鹿キャラ”を売りにするようなところもありましたが、事務所側でもそういう環境は良くないと考えたのか、現在ではハロー!プロジェクト全体で学業優先を掲げているようです。こういった傾向は、地下アイドルになるほど強いように感じますね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
リアルサウンド

トピックスRSS

ランキング