乃木坂46橋本奈々未はWikipediaで泣く?「大好きな桑田真澄さんの名言を読むと…」

リアルサウンド / 2014年5月26日 10時0分

写真

 5月25日の人気番組『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)で、乃木坂46のメンバーが早泣きを競う企画「女優魂見せつけろ! 涙の女王選手権」が放送された。

(参考:乃木坂46メンバーは松井玲奈をどう迎えたか 堀未央奈「顔が小さくてイクラみたい」)

 同企画は、スタジオの側に設置されたブースの中で、各自が自由な方法で涙を流すことに挑戦し、そのスピード・泣き顔・内容などを競い合うというもの。

 最初に挑戦した川後陽菜は「『日村さんが段々衰弱していく様子』を想像して泣きます」と宣言。見舞いに出向いた設定の川後は「ゼリーしか食べてないんですか?」「え、手術失敗しちゃったんですか?」と徐々に弱っていく状態の日村のみを案じて泣くことにチャレンジするものの、泣くには至らなかった。

 2人目の秋元真夏は、MCのバナナマン設楽統から挑戦前に「ウソ泣きが得意そう」と期待され”花嫁から父親への手紙を朗読する”というシチュエーションで演技を披露。彼女は乃木坂に加入する際に反対され、「お父さんの子供に生まれなければ良かった!」と家出をしたという実話を元にした手紙を読み上げるが、泣くには至らず。しかし、橋本奈々未などの他メンバーはこの手紙に泣いてしまうという予想外の事態になった。

 3人目は松村沙友理。演技前に「自分を追い込んで泣きたいと思います」と発言した彼女は、”ハワイロケ参加のためにゲテモノを食べる”というお題を自分に課し、この企画に挑んだ。最初は余裕の表情で演技をしていたものの、番組が用意した”蛇の丸焼き”を見た瞬間「ヘビ、ほんまに無理なんです!」と号泣。奇声を発しながらも蛇を食べた松村は「美味しかった!」と意外と美味だったことを明かし、スタジオを爆笑させた。

 4人目の伊藤寧々は、上京してきて初めて見つけたパン屋さんの玉子パンに感動して泣いたことから、”美味しいパンに感動して泣く”という設定で演技。番組が実際に用意した人気店のパンを食べた伊藤は、泣くことに成功。しかしスタジオに戻った伊藤は「(すぐに)泣けるほど美味しくなかった」と語り、設楽から「スタッフがせっかく世田谷の美味しいパン屋さんを何件も回ったのに!」と指摘された。

 その後、中田花奈が”自分が両親の本当の子供じゃない物語”、井上小百合が”収録で設楽に追及されたことを思い出して泣くこと”、若月佑美が”反抗した母親の愛情の深さに感動して泣く”といったシチュエーションでチャレンジしたものの、失敗に終わった模様がダイジェストで放送された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
リアルサウンド

トピックスRSS

ランキング