BiSが地下アイドルに与えた衝撃(後編) 姫乃たまがテラシマユフとの出会いを振り返る

リアルサウンド / 2014年7月27日 12時9分

写真

 BiS1stシングル「My Ixxx」のPVで「全裸で樹海を駆けるアイドル」として話題になる頃、私は周囲の人たちから、しきりにBiSを勧められていました。当時の私が、よくアングラ系のイベントで歌っていたせいかもしれません。過激なパフォーマンスが好きな人だと思われていたのでしょう。勧められるがまま観た全裸PVからは、これで話題になってのし上がるぞという本人たちの気概と、それを叶えるのに充分な周囲の環境を感じました。

(参考:BiSが地下アイドルに与えた衝撃(前編) 姫乃たまがオーディション体験を振り返る)

 私は地下アイドルの面白さを「アイドルなのに奇抜なことをする」という姿勢にあると考えています。当時はその考えが今よりもずっと強く、偏っていました。奇抜なパフォーマンスは、大衆へのアンチテーゼとしてするものであり、メジャーへ行くための手段ではないと思っていたのです。そのため“全裸”と“アイドルとして売れる”を共存させようとするBiSの登場には衝撃を受けました。

 しかも、私と私の周囲の人間はこの後BiSに思いがけず衝撃を受けることとなります。それがテラシマユフ(現・寺嶋由芙)のBiS加入です。

 ソロシンガー志望だった由芙ちゃんとは、何度かライブで共演していました(アングライベントじゃないですよ)。清純でおっとりした彼女は、演者と観客の両方にとって、まさにアイドルでした。あの由芙ちゃんがスク水を着て、ライブハウスでダイブ? みんなに衝撃と疑問が走りました。私の頭の中を駆け巡ったのは、あの全裸PVです。しかし、みんなが混乱する中、私は意外な場所で由芙ちゃんと再会したのです。

 その日、私は知人の映画監督から頼まれて急遽、とある映画撮影に向かっていました。撮影は早朝なので、深谷へ終電で前乗りです。依頼人が知人のため安心していたのですが、電車に揺られている時、私はまだ、誰のなんという映画で自分が何役として呼ばれているのか知らないままでした(いま思うと危ない)。

 チェーン居酒屋すら閉店している深夜の深谷で、スタッフさんに案内されたのは暗闇に浮かぶ民家でした。真っ暗で室内はほとんど見えませんでしたが、狭い玄関には靴がひしめき合い、中では何人かの女の子が寝かされているようです。私は怖くなって民家を飛び出し、見知らぬ土地の真っ暗な駅前で夜を明かしました。あのまま大人しく寝たら、女の子たちと、どこかに売られるかもしれません(ひどい妄想)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
リアルサウンド

トピックスRSS

ランキング