便座ブームから3年、優位になったのは日本と中国のどちら?―中国紙

Record China / 2018年2月25日 19時40分

写真

22日、浙江新聞は、温水洗浄便座の分野における中国の急激な進歩について紹介する記事を掲載した。写真は中国国産便座。

2018年2月22日、浙江新聞は、温水洗浄便座の分野における中国の急激な進歩について紹介する記事を掲載した。

記事は、「中国初の温水洗浄便座は浙江省台州市で造られたということは、多くの中国人も知らないことだ」と紹介。台州は中国でも最大の温水洗浄便座製造基地になっているという。

しかし、2015年より前には、台州の温水洗浄便座はほとんど知られておらず「全く振るわない状況だった」と指摘。経済作家の呉暁波(ウー・シャオボー)氏が「日本に行ったら便座だけを買ってくる」と題した文章を発表してから、状況は大きく変化したのだという。

調査によると、中国の中産階級の新マイホームでの温水便座設置率は、3年前の3%から昨年は20%まで上昇したという。中国大手ECサイト・京東では、2016年の温水洗浄便座の販売数は前年比120%増となり、2017年も80%増だったという。

記事によると、こうした現状は台州の便座工場も実感しているという。大手便座メーカーの代表は「2016年後半から注文数が爆発的に増えた」と語る。データによると、2014年の台州の温水洗浄便座生産高は8億元(約136億円)だったが、2015年には20億円(約340億円)、2016年には40億円(約680億円)、2017年は60億円(約1020億円)と大幅に増加した。

「こうした成長は品質にも表れている」と記事は紹介。2015年の温水洗浄便座の合格率は12.5%で「基本的に不合格品ばかり」だったのが、「2017年の終わりには83.3%にまで急上昇した」と台州の品質監督局責任者は語っているという。台州では、この数字を今年は90%以上に引き上げるのが目標だという。

品質上の転機は2017年2月で、国家質検総局は中国初となる温水便座品質攻略計画を台州で始動。大手企業と大学などが協力して、核心部品の技術面で攻略することができたという。

記事は、「現在の便座の品質は日本ブランドと肩を並べることができ、技術レベルの差異はほとんどない」と紹介。「台州の便座メーカーは現在の製品のみならず、日本の次世代、さらには次の次の世代の製品をターゲットにしている」と伝えた。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング