韓流アイドルの広告掲載もお金払わず、中国人ファンの行動が問題に―韓国紙

Record China / 2017年7月17日 22時10分

写真

韓国・ソウルの地下鉄駅で韓流タレントの広告掲載を依頼した中国人ファンクラブが、掲載料金を支払わずに失踪するケースが相次いでいる。写真は韓流コンサート。

2017年7月14日、韓国・ソウルの地下鉄駅で韓流タレントの広告掲載を依頼した中国人ファンクラブが、掲載料金を支払わずに失踪するケースが相次いでいる。環球時報が伝えた。

韓国紙・朝鮮日報によると、韓国の広告掲載サービス企業が今年5月、韓流タレントの中国人ファンクラブ責任者からソウルの地下鉄駅への応援広告掲載を依頼された。この企業は代金の30%にあたる手付金を受け取ると、注文どおりに2つの地下鉄に広告を掲載した。

しかし、その後代金の500万ウォン(約50万円)を請求しようとすると、ファンクラブ責任者と連絡が取れなくなってしまった。やり取りはすべて電子メールだったため、責任者の名前や連絡先が分からない状況だという。以前にも取引のある相手で、企業側は相手を信頼していたようだ。なお、2つの駅に1カ月間の広告スペースを借り受けるのに、企業は700万ウォン(約70万円)を支払っていた。

ソウルの地下鉄に掲載されている韓流タレントの広告看板のうち、約30%が中国ファンの依頼によるものだという。一方、中国のファンクラブが韓国企業に応援広告掲載を依頼し、広告掲載後に代金を支払わずに姿をくらませるケースがしばしば起きているという。記事は「韓国の広告企業どうしの競争心理に付け込んだ者による詐欺行為だ」としている。

ある広告企業の関係者は「中国ファンクラブは長期的に大量の広告掲載を発注してくれる。中小の広告企業はこれらの客を引き留めるために、無理して掛け売り方式を取らざるを得ないのだ」と語った。(翻訳・編集/川尻)

Record China

トピックスRSS

ランキング